三連戦最初のカードとなった一昨晩は、2つの犠牲フライで逆転勝利し、連勝を7に伸ばしている埼玉西武ライオンズ。炎をモチーフしたユニフォームを着た試合では未だ負け知らずということで、幸運のユニフォームとなっています。その幸運のユニフォームを纏っている埼玉西武ライオンズのメンバーの中でもひときわ目立っている活躍を見せているのが、最強の9番バッターの金子侑司選手。7月の打率が驚くことに.440と驚異的な数字を残しています。更に昨晩千葉ロッテマリーンズの先発は、通算11打数4安打で打率.364と相性の良い二木投手。昨晩も相手を脅かすプレー見せてくれたのでしょうか。それでは試合振り返ります。

スライダーが冴え渡る!多和田投手ナイスピッチ

埼玉西武ライオンズの先発は多和田投手。7度の登板で3勝2敗の防御率は4点台。立ち上がりは完璧で、直球、スライダーが冴え渡り三者連続三振と幸先良い立ち上がりを見せてくれました。2回にはフォアボールを与えてしまいますが、バックが盛り立ててくれました。まずはレフト前に抜けてしまうのではないかという打球を、ショート源田選手が捕球しセカンドに送球。これがアウトとなるファインプレー。そしてゲッツー崩れとなり1塁に残った中村選手が盗塁を試みるも、この日もマスクを被った岡田選手が完璧な送球でこれを阻止。これで勢いに乗った埼玉西武ライオンズは、次の3回表に先制点を挙げますが、それはまた後ほどお伝えします。
5回裏にも6番中村選手、7番福浦選手に連続ヒットを打たれ、続く8番三木選手が送りバントでワンアウト2・3塁とピンチを招きます。しかしこの日の多和田選手は冴え渡っていました。まずは9番田村選手をショートゴロに抑え、続く1番サントス選手は難しいボテボテのセカンドゴロ。しかしキャプテン浅村選手がうまく捕球しスリーアウトと、これまたバックが盛り立ててくれました。
結局、多和田投手は7回まで投げきり、被安打5、奪三振9、失点0と素晴らしい内容でシュリッターに交代。とにかくキレキレのスライダーでした。ナイスピッチング!

やはり金子選手!起点となる攻撃

攻撃面では、やはり注目の金子侑司選手が起点となってくれました。
まず先制したのは3回表の埼玉西武ライオンズ。8番岡田選手が凡退した後、最強の9番バッター金子侑司選手がライト前で出塁します。すかさず盗塁を試みて、これをキャッチャー田村選手が悪送球。そのまま金子選手は3塁まで到達。続く秋山選手はフォアボールを選び、ここ最近ノリに乗って2回裏には素晴らしい守備を見せた我らのソウスケ。源田選手が初球を叩きライト前ヒットで金子選手がホームイン。先制点を挙げます。
更に7回裏。千葉ロッテマリーンズ先発の二木投手の制球が乱れ始め、ワンアウト満塁の大チャンス。満塁となったところで二木投手から松永投手にスイッチ。その変わりっぱなの初球を秋山選手がライト前ではじき返し2点目。更に源田選手が一昨晩に引き続き犠牲フライを打ち上げ追加点と順調にチャンスをものにしていきました。更にさらに9回表では、先制点を踏んだ金子選手が起点となり、秋山選手のタイムリーと浅村選手のタイムリー、そして栗山選手のトドメとなるタイムリーで3点を追加。その裏はペーニャ選手にタイムリーを打たれるも危なげなく、結果6-1で勝利。これで8連勝。前後の順位は変わらずです。
今夜も盛り上げていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

埼玉県勢夏の甲子園優勝への道

埼玉県民にとって、夏の甲子園の優勝は悲願なのです。

往年のスター選手〜福岡ソフトバンクホークス〜

往年のスター選手をまとめてみました。 今回はソフトバンクホークスです。

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き40歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。