過去にはメダルも

射撃と言うと日本では簡単に出来るものでもないですね。クレー射撃もするのにも筆記試験、実技試験、身辺調査など銃の保持者として問題が無ければライセンスを取得することが出来ます。しかし過去には日本人がメダルを獲得したこともありますね。メダルを獲得した選手も自衛隊隊員や警察官が獲得しています。2020年の東京オリンピックの会場ももちろん自衛隊朝霞訓練場を予定しています。

競技の概要

銃器を用いて標的を撃つ、精度の高さを競う競技です。
[ライフル射撃]
10mから50m先にある固定された標的の中心を狙い撃ちます。
※ライフル
10mの標的 直径4.55㎝ (的の中心は地上面から1.4mの高さ)
50mの標的 直径15.44㎝ (的の中心は地上面から0.75mの高さ)
※ピストル
50mの標的 直径50㎝ (的の中心は地上面から0.75mの高さ)
25mの標的 直径50㎝ (的の中心は地上面から1.4mの高さ)
10mの標的 直径15.55㎝ (的の中心は地上面から1.4mの高さ)

[クレー射撃]
散弾銃を用いて、空中に放たれるクレーと呼ばれる素焼きの小さい皿を標的として、撃ち落とします。トラップ、ダブルトラップ、スキートの3種目があります。

ポイント!

この競技は種目により、使用する銃や銃を構える姿勢、弾の数などに違いがあります。体力よりも精神力が必要となるスポーツです。集中力をいかに高められるかが勝負の分かれ目になります。
ライフル射撃は中心からのわずかな弾着のずれで順位が入れ替わるという、メダルを競う経過が大変劇的な競技です。決勝では、1発ごとに点数が表示され場内にアナウンスされます。集計結果も電光掲示板で表示され、1発ごとに順位が変わるのを目の当たりにできます。観る者に試合展開がわかりやすくなっており、手に汗握る興奮を味わうことができます。 クレー射撃は、秒速22~30mで飛ぶ標的を、秒速300m以上の散弾で撃つため、瞬時の判断力と精密な動作が要求されるスポーツです。張り詰めた緊張感の中、命中した時に標的が砕けるさまは迫力満点です。

最後に

射撃は1896年のアテネオリンピックから実施されている歴史のある競技です。日本は銃国家ではないのでメダルを多く獲得するのは難しいですが、日本人は集中力などは他の国より長けている思うのでチャンスはあるかと思います。歴代ではやはりアメリカが金メダルを多く獲得しています。

エナジークエスト商品無料サンプル

サンプル請求にはオンラインショップ会員登録が必要です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

悪役だけど憎めない人気悪役キャラ

悪役だけど人気の高いキャラ達

オススメスマホアプリ

オススメスマホアプリを紹介していきます。 是非ダウンロードしてみてください。

1家族一回限りの無料サンプル請求

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。