広島カープ 5-1 DeNAベイスターズ

広島カープ 5-1 DeNAベイスターズ

勝: ジョンソン (4勝2敗)
負: 濱口遥大 (6勝4敗)

前半戦最終戦を見事白星で飾り、貯金も今シーズン最多の23に伸ばしました。ジョンソン選手が非常に素晴らしいピッチングを見せてくれ、8回を1失点に抑える粘りのピッチング。調子も非常にいい感じでしたね。

広島カープは3回、1アウト2塁のチャンスで丸佳浩選手が先制のタイムリーヒットを放つと、エルドレッド選手の打席時に濱口選手が暴投し、この回2点を取りました。
しかし、5回、先発のジョンソン選手が1アウト後連打を浴び1アウト2,3塁のピンチに。ここで飛雄馬選手のサードゴロの間に1点を返されえてしまいましたが、後続を打ち取り最少失点で免れました。
そして、7回、菊池涼介選手の2ベースヒットを皮っきりに2アウトながら満塁のチャンスを作ると、この試合初打席の岩本選手が走者一掃のタイムリー2ベースヒットを放ち3点を追加しました。9回は今村猛選手が三者三振で抑え、5-1でベイスターズに勝利し、このカード勝ち越しと、前半戦最終戦を勝利で締めくくりました。
先発のジョンソン選手はランナーを得点圏に進めてしまう場面がありましたが、しっかりと後続を打ち取ってくれましたね。この試合はランナーを出すものの、ピンチをしっかり抑え、フォアボールもわずか1つと非常に安定したピッチングでしたね。今シーズン、思うようなピッチングができていなかったジョンソン選手ですが、この試合をきっかけに本来のピッチングを取り戻して欲しいですね。後半戦の投手陣の柱になるであろうジョンソン選手。後半戦も好投期待しています。

苦労人・岩本貴裕選手

苦労人の岩本貴裕選手が大仕事を成し遂げてくれました。
6回にエルドレッド選手の代走として今シーズン初出場を果たした岩本選手は7回の2アウト満塁というチャンスで打席が回ってきて見事走者一掃のタイムリー2ベースヒット放ちました。送球が逸れる間に3塁に陥れると、また送球が逸れる間にホームに突入。しかし、タッチアウトで得点には至らず。2塁と3塁を回っていた際に足がもつれていましたね。ホーム突入のタイミングもアウトのタイミングでしたが、新井選手、3塁コーチが腕を回しホーム突入を後押し。タイミングはアウトでキャッチャーを飛び越えようとしましたが高く飛べずアウト。あのプレイは怪我につながる非常に危ないプレイでした。登録抹消されたキャッチャーの高城選手に怪我がなければいいのですが。。。
この岩本選手ですが、広島カープの暗黒期を支えた苦労人で、なかなかチャンスをモノにできず昨シーズンも27試合の出場に留まっていました。
元々パワーもある選手ではありますが、エルドレッド選手、新井選手というファーストのポジション争いで、なかなか出場機会が与えられずにいました。そしてこの試合、見事タイムリー2ベースヒットを放ちチームに貢献。岩本選手の活躍が光った試合でした。レギュラー争いが熾烈な広島カープに新たに名乗りを上げてくれましたね。入団9年目の岩本選手がどこまでブレイクしてくれるか非常に楽しみです。

7月17日の試合

この試合で前半戦が終了し、間に1日の休みとオールスター戦2試合、そして1日休んで後半戦がスタートします。
後半戦初戦は2位の阪神タイガース。前半戦3連勝で締めくくり調子を上げている阪神タイガース相手で、ましてや2位のチーム。これは負けられませんね。
オールスター戦には、岡田明丈選手、薮田和樹選手、新井貴浩選手、菊池涼介選手、田中広輔選手、鈴木誠也選手、丸佳浩選手が出場予定でなかなか休める機会がないかと思いますが、この休みでコンディションを維持し、後半戦に備えてもらいたいですね。オールスター戦に出場しない選手の方々はこれを機にリフレッシュして後半戦を迎えていただけたらと思います。
とりあえず前半戦お疲れ様でした!!!後半戦も圧倒的な強さで2連覇向けて頑張れ広島カープ!!!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

一本足や振り子よりも強烈!超個性的な打法

こんなんで打てるの?と思いたくなる打法をご紹介します。

WBCルール変更!決勝トーナメントからメジャーの侍が参戦?!

第4回WBC(3月開催)で、登録メンバーである28選手に加え、大会途中で入れ替え可能な10人の「予備投手枠」…

1家族一回限りの無料サンプル請求

Daisuke

スポーツが大好きです。特に野球。特に広島カープ。
よろしくお願い致します。