フレッシュオールスターにベイスターズから3名が出場!

本日、遂に若手選手の登竜門となるプロ野球フレッシュオールスターゲーム 2017が静岡草薙球場で開催されます。我らが横浜DeNAベイスターズからは3名が選出され、イースタン・リーグ側で出場。このフレッシュオールスターで輝きを放つ横浜の熱き星たちをご紹介!!

2016年ドラフト4位!京山将弥(きょうやま まさや)投手

スリークウォーターの特徴あるフォームから最速147キロの伸びのあるストレートと、両サイドを厳しく突く制球力が武器の右腕で、2016年のドラフト4位ルーキー。背番号は「48」

プロの舞台で戦う体力さえつけば、大化けすると話題の将来の先発エース候補。すでに2軍での活躍が耳に入って来ています。フレッシュオールスターでは、ウエスタン・リーグの打者を相手にどういった投球を見せてくれるか楽しみです。

2016年ドラフト9位!佐野恵太(さの けいた)内野手

長打力と選球眼を兼ね備えた左打ちのスラッガーで、2016年のドラフト9位ルーキー。背番号「44」

2016年のドラフト会議では全体で87人中84番目、セ・リーグで最後の指名となったドラフト9位ルーキー。しかし、オープン戦では初打席で12球団新人1号本塁打を放つなど、その活躍が評価され、開幕1軍メンバーを勝ち取りました。開幕の後の成績は低迷し、現在は2軍にいますが、一回り大きくなって1軍の舞台に再登場してくれることでしょう!

本職の一塁はロペスが勤めているので、そのポジションを奪うことは難しいですが、捕手経験もあるなど、ユーティリティな才能を秘めた逸材です。フレッシュオールスターでは「5番・ファースト」で先発予定。バッティングには注目ですね!

2016年ドラフト5位!細川成也(ほそかわ せいや)外野手

「茨城の中田翔」「ハマのカブレラ」の異名を持つ将来の大砲候補で、右打ちにスラッガー。背番号「52」

若干18歳ながら、ラミレス監督からの期待値も高く、間違いなく将来のクリーンナップに名を連ねることになるでしょう!一番の魅力は18歳とは思えない体格やパワーによるのバッテイングですが、50メートル走6秒2の俊足と強肩の持ち主でもあります。

フレッシュオールスターでは「8番・ライト」で先発出場予定。静岡の空高く、ホームランをかっ飛ばしてもらいたいですね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

横浜ベイスターズ、2017年のブレイク候補!野手編

横浜ベイスターズ、今年ブレイクが期待できる野手をご紹介!

併殺崩し撲滅へ!危険な滑り込みが禁止に!

これまで危険だとして議論されていた“併殺阻止のための危険なスライディング”が来年から禁止されるようです。

FA山口の補償は投手?横浜DeNA、人的補償選択!

22日、横浜DeNAは国内FA権を行使して巨人に移籍した山口俊投手の補償について、横浜市内の球団事務所で編成…

1家族一回限りの無料サンプル請求

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。