予選で9秒98をマーク

米国に遠征している陸上短距離のケンブリッジ飛鳥(ナイキ)が男子100メートルで、追い風参考ながら、日本人2人目となる9秒台を記録した。15日(日本時間16日未明)、米フロリダ州クレアモントで開かれた競技会の予選で9秒98(追い風5・1メートル)をマーク。「喜んでいいと思う。(追い風2・0メートル以内の)公認でも出せる可能性はあるかなと思えた」と笑顔で話した。

ケンブリッジにとっての今季初戦。「風が強すぎて、動きがバラバラになった。まだ体のキレもない」とレース内容には納得がいかない様子だったが、次戦以降に手応えを感じるタイムだった。「9秒台は状態が仕上がってくれば出せるんじゃないか。もう少し体を前傾させ、スムーズに加速できるよう調整したい」。米国で今月出場予定の残り2戦を見据えた。

9秒台は桐生選手以来!!

日本選手の電気計時での9秒台は、一昨年3月に桐生祥秀(東洋大)が9秒87(追い風3・3メートル)で走って以来。予選の約1時間後にあった決勝は10秒08(追い風4・4メートル)だった。

桐生らとの日本初公認9秒台争いは今後も続く。プロ初戦を順調に滑り出し「まずは(ロンドン)世界選手権の参加標準(10秒12)を切って、9秒台を狙いたい。(世陸の)決勝に残りたい」と力強い。

追い風参考とは?

走方向の追い風による顕著な影響が認められる陸上競技種目において、風速が追い風2.0m/sを超えると各種大会の順位付けの記録は付くが、公認記録としては認められず「参考記録」にとどめられること。該当種目は短距離走(100m、200m)、障害走(110mハードル、100mハードル)や走幅跳、三段跳等である。

ケンブリッジ飛鳥選手とは?

ケンブリッジ 飛鳥 アントニオ(ケンブリッジ あすか アントニオ、1993年5月31日 - )は、日本の男子陸上競技選手。専門は短距離走。100mで日本歴代9位の10秒10、200mで20秒62の自己ベストを持つ。2016年リオデジャネイロオリンピック4×100mリレー銀メダリスト。

ジャマイカ生まれの大阪育ち。ジャマイカ人の父と日本人の母を持つ
2016年をもってドームを退社しプロとして活動 2017年2月8日NIKEと契約を結ぶ。

最後に

日本人夢の9秒台へ期待が膨らみますね。
しかも同じ時代にライバルの桐生選手もいるので、
お互いを高めあって2人で9秒台を出してもらいたいです。
日本人9秒台も秒読みかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

未来へチャレンジするU-12世代のサッカー大会 「YANMAR FUTURE’S C…

ヤンマー株式会社が特別協賛し、J-GREEN堺およびヤンマースタジアム長居で11月5日(土)~6日(日)に開…

スマホ旅How Toムービー公開

キャビンクルーがお国言葉でレクチャー 「スマホ旅How Toムービー」を公開 ジェットスターアプリを使用し…

停電情報をいち早くお知らせ!業界初の公式停電情報アプリ誕生!

東京電力ホールディングス株式会社は、1月12日(木)より、停電・雨雲・地震情報、ならびに当社からのお知らせを…

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。