鈴鹿サーキット

鈴鹿サーキット(すずかサーキット、Suzuka Circuit)は、三重県鈴鹿市にある国際レーシングコースを中心としたレジャー施設。F1日本グランプリや鈴鹿8時間耐久ロードレースなどの開催で知られる。レーシングコースの他に遊園地やホテル等があり、モビリティリゾート(自動車を題材とする行楽地)を形成している。

日本初の全面舗装と観客席の両方を備えたサーキットとして、1962年に本田技研工業(ホンダ)によって建設された。現在はホンダグループでモータースポーツ関連施設を運営する会社、モビリティランドによって運営されている。

富士スピードウェイ

富士スピードウェイ(ふじスピードウェイ、Fuji International Speedway )は、静岡県駿東郡小山町にあるサーキットである。略称は「FSW」。かつては運営会社の「富士スピードウェイ株式会社」の英文社名”Fuji International Speedway Co.,Ltd”にちなみFISCOと表記されていたこともある。2000年よりトヨタ自動車の傘下に入る。

全長1,475mという世界有数のロングストレートを持ち、コース幅も15〜25mと広い(鈴鹿は10〜14m)。かつては直線と高速コーナーからなる超高速コースだったが、時代とともにコーナーを増やす方向で走行速度の減速が図られている。

岡山国際サーキット

岡山国際サーキット(おかやまこくさいサーキット、Okayama International Circuit)は、岡山県美作市にあるサーキット。旧称はTIサーキット英田(ティーアイサーキットあいだ)。

全長3,703m、コース幅12〜15m、高低差29m。メインストレート(約600m)とバックストレート(約700m)を合計13の中低速コーナーで繋ぐ構成の、テクニカルサーキットである。F1を開催したサーキットの中ではやや小規模であったため、F1関係者から「ミニモナコサーキット」と言われた逸話がある。観客席からコースまでの距離が近く、レースの迫力を身近に感じられるのが特徴。

最後に

なかなかサーキットに行く機会が無いかと思いますが、
鈴鹿サーキットでは、遊園地や温泉施設もあり家族でも楽しめる場所でもあります。
サーキットではレースだけではなくイベントも行なわれているので、
イベントに参加するのありです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

シーズン唯一のミックス路面ステージ!WRC第11戦ラリー・スペイン

10月5日、WRC世界ラリー選手権の第11戦である、ラリー・スペインが開幕しました。

ヒュンダイのヌービルが首位浮上!WRCツール・ド・コルス2日目

ツール・ド・コルス2日目、ヒュンダイのヌービルが首位に浮上!

今も現役のミニ四駆

衰えを知らないミニ四駆はどこまで輝き続けるのか

1家族一回限りの無料サンプル請求

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。