「鎖国」「聖徳太子」はなくなる?

文部科学省は2月14日、次期学習指導要領の改訂案を発表しました。
これまで歴史の教科書で使われてきた「鎖国」という表記をやめ、「幕府の海外政策」に改めることを明らかにしました。
「鎖国」という言葉は、オランダ語の訳語として広まったものでしたが、実際には長崎や対馬(長崎県)などで貿易が行われていたので、「鎖国」という表現は違うのではないか?という見解が出てきており、今回の改定案が生まれたのです。
「鎖国」といえば、後にペリーが来航し、開国交渉に繋がる重要な史実ですが、鎖国解消=ペリーとイメージがつきやすかっただけに、これから覚える子供達は少々やっかいかもしれませんね。
また、「憲法十七条」や「冠位十二階」「遣隋使の派遣」など、数々な功績を残し、旧一万円札の表紙にもなるほど、日本人にとってはメジャーな歴史登場人物「聖徳太子」も没後に登場した呼称であるという見方が強く、「厩戸王(うまやどのおう)」が併記されるようになるかもしれません。
最近では「聖徳太子」という存在がいたかも疑う意見もあるほど、今、歴史の根本を覆りそうな事態になっています。

既に変わっている歴史史実もある教科書の内容

歴史の研究が進んだことなどにより、教科書の内容が改められるケースは近年でも行われています。
代表的なところでは、「いい国(1192年)作ろう鎌倉幕府」が「いい箱(1185年)作ろう鎌倉幕府」に改められたほか、「仁徳天皇陵」は「大仙古墳」に呼び名を変更、日本最初の貨幣は「和同開珎」から「富本銭」に、「大化の改新」は645年→646年に変わっています。

このように今まで常識で学んできた事が、変わってしまうとなると、大人達にも問題が出てきてしまいますね。
将来、子供ができて小学生になった時、子供から「鎖国って何?」って会話も出てきてしまう可能性もあるわけですね。
そう考えると改めて歴史の勉強をし直してみるのもいいかもしれませませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

岸明日香が色っぽい“くノ一”を熱演!しそ焼酎「鍛高譚」発売25周年

しそ焼酎「鍛高譚」が、2017年に発売25周年を迎えるのに先立ち、しそ焼酎「鍛高譚」のプロモーション動画「柴…

ファンの気持ちを代弁する「ハッピーターンドラマ」公開!

亀田製菓株式会社の『33g ハッピーターン クリームdeハッピー』発売を記念して、ずっとハッピーターンを愛し…

関ヶ原?天王山?天下分けめの地は、どっち?

今、ネットである戦いが話題になっている。関ヶ原?天王山?2つの歴史の節目となった地が、どちらが「天下分け目の…

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

yuta

ジャンルは様々!

生活に耳よりな役立つ情報をお届けします。

野球好きなので、スポーツは野球情報が充実する予定、、、