今が旬の「大根」!その栄養は、、、

今が旬の「大根」ですが、実はその95%が水分と言われており、カロリーは非常に少ない野菜ですが、水分以外の部分が少ないので栄養的には優れた食材ではありません。

しかし、葉の部分は緑黄色野菜の1つで非常に栄養が優れていて、根の部分にも消化・吸収には欠かせない酵素が豊富に含まれており、優れた効果を発揮する特徴的な野菜です。

皮と実の間には肌を再生するビタミンCが中心よりも多く含まれているので、皮ごと食べると美肌にもいいんです。また、大根の辛み成分であるイソチオシアネートには、代謝を活発にする燃焼効果や、活性酸素を体外に除去するデトックス効果があるで、ダイエットやアンチエイジングにも効果が期待できます。

葉に含まれるカロテンにはむくみ防止に効果があり、豊富に含まれるビタミンやミネラルにもアンチエイジング効果があるんです。そして、ジアスターゼも消化を助けダイエットとアンチエイジングに作用してくれるんです。また、食物繊維も豊富なので、便秘気味の方にもおすすめです。

熱に弱い「大根」の栄養を摂取する一番の食べ方は、、、

「大根」と言えば、おでんでも人気の具材ですが、実はおでんの「大根」は栄養価が無いそうです。これは「大根」に含まれている重要な成分である酵素類が加熱に弱く、50〜70℃で働きを失ってしまうからだそうです。さらに、「大根」に含まれるビタミンCは水に溶ける性質を持っているため、煮汁に栄養素が流れてしまうそうです。

このため、大根の栄養素を効率よく摂取するなら、生で食べることが一番で、中でも『大根おろし』がおすすめです。大根おろしの辛味成分がポイントなんです。大根おろしで食べると細胞の代謝が速くなり、老廃物を排出しやすくなるそうで、余分な脂肪細胞も少なくなるそうです。

「イソチオシアネート」を効率よく摂るには大根おろしで食べるのが一番ですが、場所にポイントがあります。この成分は大根の先端部分と皮に多いのでよく洗ってそのままおろして食べるのがおすすめになります^^

ダイエットやアンチエイジング効果も!!

「大根」はダイエットに向いている野菜で、辛み成分イソチオシアネートが代謝を活発にしダイエットに効果的であることと、大根のカロリーが非常に低いためです。ここで気を付けなければいけないのが、イソチオシアネートは大根をおろしたときに発生するのと、熱に非常に弱いことです。イソチオシアネートを摂取する場合こそ、「生の大根おろし」がベストです。

また、イソチオシアネートには抗酸化作用があり、活性酸素を除去し体外へ排出するデトックス効果が期待できます。ビタミンCにも同様に抗酸化作用があるため、老化防止・アンチエイジングに期待できます。ビタミンCは皮により多く含まれているので、皮も一緒が良いですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

イモ焼酎の3M 全て言えますか?

イモ焼酎の3Mって知っていますか? 靴のブランドで言えば、ナイキ、NB、アディダス。分かりにくいですかね!

北陸へ訪れたら食べておきたい魚

北陸の海は海鮮の宝石箱や〜

これからが季節!みかんの知られざる効果とは?

こたつとみかん、そろそろ最強タッグの季節がやって参りました。

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。