錦織選手が、現在アルゼンチンオープンで決勝進出しています。そのアルゼンチンオープンでは、クレーこコートです。
テニスコートと一言で言っても、一つではありません。
それぞれのコートの特徴をまとめてみました。

クレーコート

現在錦織選手が出場している、アルゼンチンオープンはこのコートです。
次の四大大会の一つ、全仏オープンもこのクレーコートです。

クレーコートとは、クレーコートはその名の通り土のコートです。
土を固めた地面の上に、高温焼成したレンガなどを粉砕して作られた赤褐色の土(アンツーカー)を使用することから、レッドクレーとも呼ばれます。日本でも全仏オープンの際には赤土という言葉を何度も聞いたことでしょう。

クレーコートの特徴はボールのスピードが遅くなり、弾むようになるということです。土が威力を吸収し球足が遅くなるため、長いラリー戦が続きます。サーブを武器とするビッグサーバーにはやや不利なコートとなります。またボールが弾むためスピン系のボールが有効となってきます。

あともう1点特徴としてよく滑るということです。
スライディングのように移動できるので、不意打ちのボレーもこのコートでは拾われてしまいます。

デメリットとしては天候の変化に影響を受けやすい点が挙げられます。
雨が降れば湿り、風が吹けば砂が舞います。
ちょっとしたことでコートの性質が変わるため対応力が求められます。

球速が遅くなりショットがなかなか決まらないので体力はもちろん、メンタル面も重要になってくるコートです。

グラスコート

世界最古のテニス大会であり、最も伝統と格式が重んじられるウィンブルドン選手権(全英オープン)で使用されているコートです。

美しい芝のコートはテニスと言えば最初に思い浮かべるものかもしれませんね。
天然芝を敷いたコートをグラスコートと呼びます。
かつては多くの大会で採用されていましたが、天然芝の手入れには熟練の技が必要で維持費も掛かるため現在ではグラスコートの数は激変してしまいました。

グラスコートの特徴は滑るようにボールが弾むため球足がとても速くなります。バウンドも低くなるため高速サーブを持つビッグサーバーに有利なコートです。

もう1つの特徴がコートの状態によってイレギュラーバウンドが起こりやすいということです。
芝なのでちょっと踏むだけでもボールの軌道が変わります。
そのためサーブ&ボレーの選手が有利とされていますが、最近ではサーブ&ボレーのスタイル自体あまり見かけなくなりましたね。

足場が柔らかく滑りやすいためフットワークがとても大切になるコートです。この高速サーフェスでは拾ってつなぐスタイルの選手は極めて不利となります。

ハードコート

ハードコートは、セメントやアスファルトを使用し表面を合成樹皮などでコーティングしたコートです。
比較的新しいコートで維持管理も楽なため、今最も普及しているコートかもしれませんね。

四大大会においては全豪オープン、全米オープンで使用されています。

ハードコートの特徴はボールが良く跳ねて球足が速いです。
クレーコートが弾む、ハードコートが跳ねると何となくイメージして頂ければなと思います。高くバウンドしスピードも出ます。
もちろんここでもビッグサーバーは有利ですがバウンドが大きい分、芝よりも返されます。

スピードが出るので強力なストロークを持つ選手が有利となります。
またよく跳ねるのでライジングが有効で、ライジングでのラリー戦となることも珍しくありません。
コートの状態が環境に左右されない為、イレギュラーバウンドはほとんど起こりません。

設置されている数も多いので最もスタンダードなコートと言えるでしょう。
あと特徴と言えば「キュキュキュ」というスライド音が挙げられます。
ハードコートは滑りにくいので勢いよく踏み込んでもブレーキがかかります。
地面が固く滑らないため体に負担が掛かりやすいのもハードコートの特徴でしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

鉄壁のナダル、王者復活なるか!?

今注目されている、ナダル選手。 復活をかけた戦いに注目です。

白が掟のウィンブルドン

ウィンブルドンと言えば、緑の芝に白のウェアを着用した選手を思い浮かべますよね。

1987年生まれの海外アスリートたち

先日に引き続き、私の同い年のアスリートについてまとめますが、本日は海外に目を向けます。すごい選手がいっぱいな…

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。