アームハンド

近年において健康増進を目的とした健康ブームとなったことで、早朝に活動する朝活や深夜の時間帯に活動する際にランニングを取り入れる人が増えています。
ランニングは有酸素運動による脂肪燃焼効果と無酸素運動による筋肉増強の両方の効果を得られるため健康にとって重要となっていますが、ランニングは単純な作業のため目的意識をしっかりしておかないと長続きしないこともあります。

そこで単純な作業になりやすいランニングを楽しくする方法として開発されたのがアームハンドです。
アームハンドはその名の通りに腕に取り付けるためのバンドであり、バンドにはスマートフォンや音楽プレーヤなどを入れることができる袋が取り付けられています。
スマートフォンや音楽プレーヤーを入れておくことによって、単純な作業になりやすいランニングの中に音楽を取りいれることで飽きにくくします。

手ぶらで持ち運べる水筒

ランニングに限らず運動するうえで重要となるのが、運動中に出て言った水分を脱水症状になる前に常に補給できる環境を整えておくことです。
これまでの運動中の水分補給に使われていたのが水筒であり、水筒はステンレスを筒状に作ったもので温かいものは温かいままでそして冷たいものは冷たいもので飲むことができることから運動中に重宝するのです。

しかしステンレス製の水筒はキャンプや登山などに持ち運ぶことを念頭に置いているため運動中にもっていくと荷物になってしまいます。
そこでランニング中でも重くなく持ち運べる方法として、手ぶらで持ち運べる水筒というものがあります。

手ぶらで持ち運べる水筒は、これまでのは付けられている紐で手で持ったりまた肩にかけることが一般でした。
しかしその場合では肩や手に水筒の重さが常にかかってしまい痛みとなってしまっていたことが難点であり、そこで水筒にベルトやポケットに取り付けることのできる取っ手をつけることで手や肩に持たなくても良くなり手軽に持ち運べるようになっています。

ヘッドホン・イヤフォン

ランニング中に音楽を聴くのは、ランニングという単純作業を繰り返し続ける際に気を紛らわすことができるため飽きるという状態にならずに済みます。
しかしいくら音楽を聴くと言っても、それが大音量で周りの人に聞かれるような音量では迷惑をかけてしまい自分にとっても周りにとっても良いものではないのです。
そこで大音量で流す必要がない方法として、アームバンドに取り付けていた音楽プレーヤーやスマートフォンに専用のヘッドホン・イヤフォンを取り付けることです。

ヘッドホン・イヤフォンを取り付けることによって音量を調節できるので周りに聞かれないこともそうですが、それ以上に大音量で効く必要がないので耳を守ることができます。
そして現在のヘッドホン・イヤフォンは骨に振動を与えるタイプが主流となっており、周りが雑音が多くてもしっかりと聞ける仕組みが整っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

なんてお洒落!?ルパン三世の名車を調査

ルパン三世に登場する車もまたお洒落な車種ばかりです。ルパン以外でも、敵の乗り回す車だったり、仲間が乗り回す車…

秋元康プロデュースアイドル

おニャン子クラブでアイドルを知るきっかけになりました。 そこには秋元康さんがいました

最新のおすすめランニングシューズをご紹介!

最近ランニングを始めた方は多いのではないでしょうか。 そんな方に今トレンドのシューズをご紹介します。

1家族一回限りの無料サンプル請求

スポラボ編集部

スポラボ編集部です。スポーツのお役立ち情報やスポーツに関する情報を提供していきます。