「野菜」のまとめ(1ページ)

食事でコレステロールを改善!「コレステロール」を下げる食材とは

なにかと気になるコレステロール。食事改善といっても、いったいどうすればよいか分からない方はぜひ試してみてください。

大好きな焼肉!!太らない食べ方があるそうです。

焼肉は部位によっては脂肪も多いので、選ぶメニューや、食べる順番などに注意が必要です。今回はその順番に注目していきます。

男性におすすめ。ノコギリヤシを知っていますか?

ノコギリヤシは、身の回りに存在する植物ではないため、どういうものかピンとこないかもしれませんが、サプリメントなどではよく知られて…

二日酔いの解消方とは!!

社会人になるとお酒を飲む機会が増え、お酒の飲み過ぎで失敗してしまった方も多いのではないでしょうか?今回は、お酒を飲む機会が多い方…

食べる順番を意識して食事をしましょう!!その順番と理由。

日本人はご飯を中心に野菜や魚、肉類などを食べる混合食を続けてきました。このバランスを大きく崩す食生活には無理があり、骨髄の機能低…

パピコから新提案!1日不足分の野菜62g相当が摂れる※ パピコ 『パピべジ』 で始め…

江崎グリコ株式会社は野菜習慣の新提案として、‟なめらか食感”が特長のロングセラー商品「パピコ」より、 デザート感覚でおいしく1日…

今からでも間に合う!老けない体づくりの秘策は、「抗酸化食品」にあり!

体の老化を促進するのは、細胞の酸化が原因。この現象は、錆に例えられることが多く、「体がサビる」といわれることもある。そして、体を…

スーパーフードの一つ!ケールの持つ力とは?!

昨年話題となって注目が集まったスーパーフードのケール。
青汁や緑黄色野菜に多く含まれているイメージですが、どんな効果が?…

ブラブラ散歩途中に出会った美味しいご飯(私編)①

週末、ぶらぶらと散歩していたのですが、歩きすぎたせいでお腹が減りすぎました。来週も頑張る為に、美味しいゴハンを食べようとお店を探…

キリンシティ、ファンケル「濃縮野菜 国産ケール100%」を使ったメニューを期間限定発…

 株式会社ファンケルは、キリンシティ株式会社に対してケールを濃縮したピューレー※1状の冷凍野菜「濃縮野菜 国産ケール100%」を…

1月31日は「愛(あい)菜(さい)の日」。美味しく野菜を食べて、冬も健康的に!

株式会社ロック・フィールド(本社:神戸市)が展開する5ブランド<RF1(アール・エフ・ワン)、グリーン・グルメ、日本のさらだ い…

中国生まれの緑黄色野菜のタアサイ。どんな効果があるのでしょうか。

タアサイは中国生まれの緑黄色野菜です。大きな葉が特徴的な野菜ですが、味は癖がなく比較的食べやすい、栄養価の高い食材です。

日本国内には明治初期に渡来し、1980年代に入った頃から急速に一般家庭の食卓に広がり…

アメリカではブロッコリーが健康食品の象徴として取り扱われているんですが、小さな頃に親から無理やり食べさせられたことで、嫌なイメー…

<2020年に「来る!」野菜>最も注目の野菜は日本人に大人気のあの国から来た「水蓮菜…

安心安全な農産品や加工食品、ミールキットなどの食品宅配を展開するオイシックス・ラ・大地株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社…

じゃがいもにも似たホクホクとした食感と、優しい甘みが特徴的なユリ根。どんな効果がある…

ユリ根は、じゃがいものようなホクホクとした食感とほのかな甘みが人気の高級食材。
馴染みの薄い食材ですが、身近なところでは…

ネバネバした食感を持つちょっと不思議な野菜モロヘイヤ、どんな効果があるのでしょうか。

モロヘイヤの原産地はインドからアフリカ、中東などの熱帯地域と言われています。エジプトやアラビア半島では、昔からよく食べられてたそ…

健康食品として注目され始めている明日葉ですが、どんな効果があるのでしょうか。

あしたばは、収穫しても「明日」には芽が出るほど生育が早いことから、「明日葉」として形容され、その名前が付いたと言われています。

薬味に限らず鍋や焼き鳥の具材として利用されるなど、そのままでもとても美味しいねぎ。ど…

野菜としても炒め物や焼鳥の“ねぎま”などにも使いますし、中華料理などで使われるネギ油やねぎ味噌などにして調味料感覚も活用されてお…

10~11月頃に収穫されたものが最もおいしい時期のチンゲン菜。どんな効果があるのでし…

肉厚で柔らかく、シャキシャキとした歯ごたえがたまらないチンゲン菜。漢字では「青梗菜」と書き、中華料理の炒め物やスープなどによく使…

栄養×コスパ×手軽さなど5項目の総合評価で「豆苗」が第1位に!最も売れているのは「村…

女性のための生活情報紙を展開する株式会社サンケイリビング新聞社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:細井 英久)では、読者が…