「疲労回復」のまとめ(1ページ)

旨味と活用性の高さ・栄養価から「貝の王様」とも呼ばれているホタテ。どんな効果があるの…

独特な甘みがあり、貝柱のソテーも美味しいですし、網焼きなんかも最高ですね。バターと醤油の相性もバツグンです。

【美肌!菌活!発酵鍋!】カマンベールとモッツァレラのトマト鍋11月11日(月)チーズ…

株式会社LIFEstyle (本社:大阪市北区鶴野町)が展開する、チーズ料理専門店『CHEESE CRAFT WORKS(チーズ…

刺身や寿司ネタとして人気の高い魚のマグロ。どんな効果があるのでしょうか。

寿司や刺し身の定番でもあり、ツナ缶(シーチキン)などの加工品としても日本の食卓で愛されているマグロ。

実際ドロドロではないけど、「血液ドロドロ」を食事で改善しよう!

最近、「血液ドロドロ」な方が増えているようです。食事で改善できることなので、不足しがちなものをしっかり摂取しましょう!

美容に効果的!飲む血液と呼ばれる真っ赤な野菜「ビーツ」

まだまだ馴染みのない野菜「ビーツ」ですが、近年、その栄養価が話題になっています。飲む血液と呼ばれるビーツの栄養価とは。

身欠きニシンや数の子で知られるニシン。どんな効果があるのでしょうか。

身を食べるだけではなく、縁起物としても愛されている数の子(カズノコ)がとれる魚でもあります。数の子は全国的に食べられているものの…

昔から滋養強壮に優れた食材として多くの人に愛されている牡蠣。どんな効果があるのでしょ…

口いっぱいに広がる濃厚な海の風味と、クリーミーな食感が美味しい牡蠣。生でサッパリと頂くことも出来ますし、カキフライなど加熱料理で…

名前の語源が脂(アブラ)が乗っている魚”とされていて、アブラ→ブラ→ブリと変化したの…

大きさによって呼び方が変わる出世魚で、地方によってさまざまな呼び方があります。代表的なものにはワカシ、イナダ、ワラサ、ハマチなど…

寒いところに出たら急に咳とくしゃみが出る寒暖差アレルギーとは?

これからも時期、1日通すと過ごしやすいんですが、暑い時間と寒い時間があって1枚上着を持っていると便利!
そんな時に現れる…

仕事の能率アップに「昼寝」!実はその前に「コーヒー」を飲んでおくといいんです!

仕事の能率アップに「昼寝」の効果は近年知られてきましたが、なかなか起きれない方もいるそうです。そんなとき、意外にも昼寝の前に「コ…

古くは天皇や将軍への献上品・神様への捧げ物として使われていた鮭。どんな効果があるので…

世界の漁獲量の3分の1を日本で消費するという鮭。焼き魚はもちろん、おにぎりやお弁当、お寿司などにも多く使われている魚ですね。

脂肪を燃やすアミノ酸「カルニチン」の効果とは

殆どのアミノ酸は身体をつくるための構成物質になることが主な働きになりますが、「カルニチン」は身体の構成物質にはならず、脂肪をエネ…

筋トレしてもあまり筋肉の成長を感じられないあなた!ひょっとして色々間違ってトレーニン…

筋肥大は日々体を鍛えている人にとってはお馴染みの言葉ですが、その仕組みについてご存知でしょうか?筋肥大の具体的なメカニズムやどう…

イキイキと暮らそう!コエンザイムQ10の効果とは?

女性に必須と言われているコエンザイムQ10。
最近では男性にも必須と言われています。コエンザイムQ10は体の何に良いので…

漢字では秋刀魚と書くように、秋の味覚を代表する魚でもあるサンマ。どんな効果があるので…

秋の味覚を彩る主役といえば、さんま。オホーツク海から南下してきた秋のさんまは脂ののりが最も強くなります。

酷使し過ぎていませんか?「目」の健康を維持しよう!

近年、パソコンやスマホなどの使用により、目のトラブルを感じる方が多いそうです。「目」を酷使したら、休ませるのも大事ですよ。

健康的な身体作りに!お子様から高齢者までオススメの乳製品「チーズ」

乳製品は身体作りの上で欠かせない栄養素を豊富に含んでいますが、中でも「チーズ」はお子様から高齢者の方まで多くの方にオススメなんで…

ネバネバした食感を持つちょっと不思議な野菜モロヘイヤ、どんな効果があるのでしょうか。

モロヘイヤの原産地はインドからアフリカ、中東などの熱帯地域と言われています。エジプトやアラビア半島では、昔からよく食べられてたそ…

薬味に限らず鍋や焼き鳥の具材として利用されるなど、そのままでもとても美味しいねぎ。ど…

野菜としても炒め物や焼鳥の“ねぎま”などにも使いますし、中華料理などで使われるネギ油やねぎ味噌などにして調味料感覚も活用されてお…

豊富な栄養素が医者を遠ざける!「りんご」は皮ごと食べよう!

昔から「1日1個のりんごは医者いらず」と言われているほどの「りんご」ですが、実際どのような効果があるのでしょうか?