「ビタミン」のまとめ(1ページ)

緑茶に必ず含まれるカテキンの効果とは?

コーヒーや紅茶、タピオカなど
最近では飲み物も新しいものがどんどん作られています。
日本で古くから飲まれているお…

妊婦さんが摂るべき葉酸って何で良いの?

最近私の周りは結婚ラッシュ、出産ラッシュで慌ただしく生活が変わる人が多いです。
その中で妊婦は葉酸を取ると良いと聞きまし…

栄養の宝庫と言われる「レバー」!食べ過ぎは禁物?!

「レバー」は、鉄分などのミネラルが豊富に含まれる低カロリーな食材として人気ですが、食べ過ぎによって思わぬ健康への悪影響が生じるこ…

ブロッコリーは野菜の中でも栄養価が高い食材です。その効果や選び方を紹介します。

人気野菜「ブロッコリー」花言葉は「小さな幸せ」です。その花言葉の通り、ブロッコリーは茹でても、焼いても美味しい人気が高い野菜の1…

栄養価が違う?見た目が似ている「ピーマン」と「パプリカ」の違いって?

「パプリカ」と「ピーマン」ってそっくりですが、どういった違いがあるか知ってます?原産地が違えば、味、栄養価も違いがあるんです。

日本にはたくさんの緑茶の種類があります。そのなかでも、普段何気なく飲んでいる煎茶とは…

緑茶は、生のお茶の葉を発酵させずに製造した不発酵茶で、煎茶(せんちゃ)、玉露(ぎょくろ)、番茶(ばんちゃ)、抹茶(まっちゃ)、焙…

寿司のなかでも人気の食材で高級品のひとつ「ウニ」。その効果とは

寿司ネタでも最上級とされる「ウニ」は、日常的には滅多に食卓に上らない高級食材。

そら豆は料理やお酒のおつまみにもおいしく食べられる優れものです。その効果とは

春になるとマーケットでもよく見かけるようになるそら豆。お酒のおつまみからお弁当まで幅広く利用されるそら豆ですが、実は豆の中でも栄…

身近なお野菜。かいわれ大根。お刺身などに添えられ料理を引き立てますよね。その効果とは

かいわれ大根に含まれている栄養成分の中で特に知っておきたいのが、フィトケミカル、イソチオシアネート、メラトニンです。

レンコンとは、はすの地下茎の肥大した部分です。栄養も豊富でその効果とは

穴が開いていることから「見通しがきく」ということで、お正月のおせち料理や祝い事には欠かせないレンコン

かぼちゃは炭水化物、β-カロテン、ビタミンC、食物繊維を含み、うり科の中ではいちばん…

江戸時代より「冬至にはかぼちゃ」というほど栄養満点のかぼちゃは、大切な冬の定番野菜。

年中食べられるキャベツにはいろいろな栄養があります。その栄養や効果とは

キャベツの原産はヨーロッパの地中海沿岸や大西洋沿岸地帯といわれ、数千年前から栽培されていた。

パリパリシャキシャキの食感が魅力のレタス。その栄養と効果についてまとめています。

レタスとは、地中海沿岸、西アジアが原産地の野菜です。紀元前6世紀ごろにはペルシア地方で栽培されていたといわれています。

夏と言えばゴーヤ。様々な栄養素があるのでご紹介します。

夏の暑い季節を迎えると目にする機会が増えるゴーヤ。ゴーヤは沖縄の方言で「ニガウリ」のことを指す

最近ローズヒップが流行っているみたいですね。その効果とは

ハーブティーの中では知名度も高く、一度はその名を耳にしたことのある人も多いはず。

にしん食べてますか?血液サラサラ効果もあります。新鮮なものを食べよう。その選び方とは…

にしんの旬は10~12月。
にしんの卵「数の子」を獲る意味では、産卵期の春が旬だが、魚自体は秋がおいしい。

すずきは「せいご」「ふっこ」「すずき」と、成長過程で呼び名が変わる「出世魚」。その栄…

すずきの旬は6~8月。
夏の代表的な白身魚として知られる。
出世魚で、生まれたては「こっぱ」、以降「せいご」「ふ…

カサゴなどと同じく卵胎生で、メスは12~2月ごろに数千尾の稚魚を産む。その栄養とは

めばるの旬は4~6月。
春の船釣りはめばる漁から始まることから、「春告げ魚」と呼ばれる。

特有のクセがあって、苦手な人も多いけど好きな人はハマってしまうのがセロリ!その効果と…

茎の部分が太くてハリがあり、肉厚なものがおすすめ。また、筋がでこぼこしているほうが、より新鮮です。

のびるの見た目は細いネギみたいなもので、玉ねぎみたいな小さな球根ができます。その効果…

のびるは野菜というよりかは野草としても知られています。日本では河原の土手などで自生していますね。