日本野球機構とセ・パ両リーグは25日、今季のセ・パ交流戦の開催要項と詳細日程を発表した。5月31日にパの主催カード6試合で開幕、各カード3試合ずつ行い、12年連続で日本生命が特別協賛する。昨年に続き両リーグの対抗戦方式で行われ、通算勝利数で勝ち越したリーグはドラフト会議のウエーバー指名で優先権を得る。勝ち越したリーグの6球団と最高勝率球団には賞金が与えられる。指名打者制はパ球団の主催試合のみで採用する。

続きを読む

関連する記事

東京六大学野球:東大、12年ぶり明大に勝利

東京六大学野球リーグ第2週第2日の18日、神宮球場で2回戦2試合を行った。東大は明大にサヨナラ勝ちして1勝1敗とした。東大の勝利は昨年9月1…

ダルビッシュ:復帰へ「いつでも行ける」…傘下2Aで登板

右肘手術からの復帰を目指す米大リーグ、レンジャーズのダルビッシュが17日、傘下マイナー2Aフリスコの一員として4度目のリハビリ登板を行った。…

プロ野球:日本ハム、破竹の15連勝…球団新記録

○日本ハム4−1オリックス●(11日・京セラ) プロ野球の日本ハムは11日、オリックス戦(京セラ)に4−1で勝ち、球団新記録の15連勝に達し…