免疫力アップ

山芋はウイルスや細菌から体を守る免疫機能を司るナチュラルキラー細胞(NK細胞)を活性化する働きがあるサポニンや、胸腺刺激によるT細胞・NK細胞の分泌促進やオルニチンに変化して免疫細胞(マクロファージ)を活性化させるアルギニンなど免疫力を高める効果が期待できる成分を複数含んでいます。
そのほかヤマイモ類に含まれているディオスコリンと呼ばれるタンパク質にも抗インフルエンザウィルス作用があることが報告されており、ディオスコリン抽出物を含むサプリメントなども研究・販売されています。
山芋は栄養の吸収促進や疲労回復にも有効とされている食材ですから、体力を付けて体を整えつつ免疫力向上にアプローチしてくれる、風邪・インフルエンザ予防に嬉しい食材でもあります。

ダイエット、美肌効果

山芋には、脂肪を分解を促す働きや脂肪の燃焼を向上させてくれる「アルギニン」という栄養素が含まれています。
そのため、普段の食事に取り入れることで脂肪が燃えやすく痩せやすい身体づくりをすることが出来ますし、運動したときに効果を得やすくなります。
また、アルギニンやムチンにはお肌をみずみずしく潤すという効果があるため、美肌作りに最適な野菜です。

生活習慣病予防

山芋は100g中のビタミンE含有が4.1mgと非常に豊富です。ビタミンEは若返りのビタミンとも呼ばれるほど抗酸化作用に優れていますし、同じく抗酸化作用をもつビタミンであるビタミンCも含んでいます。またサポニンにも抗酸化作用がありますから、ビタミン類と相乗して体内の活性酸素抑制・除去作用が期待出来ます。
また山芋に含まれているサポニンには血栓の生成を抑制する働きが、コリンには血圧低下や肝臓への脂肪蓄積を抑える働きがあり、長芋は生活習慣病の予防にも役立つと考えられています。
加えて山芋に含まれているディオスゲニンという成分はホルモンを作る原料にとなることから、マザーホルモンとも呼ばれているDHEAを増やす働きがあることが示唆されています。DHEAは若さの維持やホルモンバランスを整える・ストレス軽減・アルツハイマー予防など様々な働きがあると考えられていますから、山芋の摂取はDEHAを増加させることからも老化防止に役立つと考えられています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

過剰摂取は禁物?!「プロテイン」のメリットとデメリット

いまやアスリートだけではなく、一般の方でも利用者が増えている「プロテイン」ですが、必ずしもメリットだけではな…

赤身派?それと白身派?

赤身と白身。軽い感じで調べてみたものの、結構奥深かったです。

ノロウィルス対策

ノロウィルスは辛いです。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

JUN

初フルマラソンにドキドキ中です