山形県民・宮城県民にはお馴染みの芋煮会

9月に入り、すっかり秋らしくなってきましたね。
過ごしやすい気候でまさに行楽シーズンといったところです。
 そして山形県民、宮城県民にとって芋煮会季節がやってまいりました。
家族や仲間とする芋煮会は山形県民、宮城県民にとって毎年この時期の楽しみにしています。
芋煮といえば、里芋、お肉、野菜をふんだんに使った汁物です。
そして芋煮に使われる具材として代表的なのがなんといっても里芋。
そんな里芋がとても凄い栄養効果があるんです。

里芋の栄養効果

【脳細胞を活性化】
里芋のヌルっとした成分に含まれている「ガラクタン」という成分は、炭水化物とたんぱく質が結合してできています。
このガラクタンには、なんと脳細胞を活性化させるという働きがあります。
脳細胞が活性化することで、頭の回転が良くなったり記憶力がアップするだけではなく、認知症の予防などにも効果が期待されています。
また、嬉しい事にガラクタンはたくさん摂取しても脂肪として蓄えられず、体外に排出される性質をもっているので、極端に食べ過ぎない限り太るケースは少ないようです。これは、ぜひ日頃から摂取したい栄養素ですね。

【便秘解消】
里芋には、先ほど紹介した「ガラクタン」に加えて、「ムチン」という、ぬめり成分も含まれています。
これらの成分は、水溶性食物繊維ですので、便秘解消に高い効果を発揮してくれます。
水溶性食物繊維の特徴は、腸の中で溶け、しっかりと腸内の老廃物を巻き込み、便として体外へ排出する効果を持っています。
腸内がきれいになることで、ぽっこりお腹も解消され、更に肌荒れも改善されます!また、腸内環境がアトピーに関係しているとも言われているので、腸内はすっきり清潔を保っておきたいですね。

【むくみ防止・高血圧予防】
里芋に豊富に含まれている「カリウム」には、むくみを防止してくれる効果があります。これは、カリウムの特徴である利尿作用が体内の余分な水分を排出してくれるためです!
また、カリウムには、むくみを防止するだけでなく余分な塩分を体外に排出することで、血圧を下げる効果も期待できます。
塩分の摂り過ぎは高血圧の原因となりますので、食事の際は里芋などカリウムが豊富に含まれている食品を意識し、高血圧を予防するようにしましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

プロ野球選手プロデュースのお弁当!東京ヤクルトスワローズ編

ここ近年、精彩を欠いていつ東京ヤクルトスワローズ。こんな時は栄養をつけて応援しましょう。

冬の定番野菜・白菜の効果とは?

お鍋には欠かせない野菜です。

豆乳の効果

豆乳には・・・

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

tokotoko

トコトコとコツコツとやっていきます。