6/3 千葉ロッテ 7-5 広島カープ

千葉ロッテ 7-5 広島カープ
勝・南昌輝 (1勝0敗)
S・内竜也 (1勝2敗10S)
負・九里亜蓮 (1勝2敗)

広島カープ敗戦で2連敗。6回に悲劇が待っていましたね。この試合も勝てる試合でしたが、交代のタイミングを完全間違えてしまった感じですね。投手陣の崩壊が本当に深刻です。

広島カープは初回、鈴木選手、松山選手の連続タイムリーヒットで幸先よく先制点を挙げましたが、その裏、広島カープ先発の九里亜蓮選手が打ち込まれすぐさま2-2の同点に追いつかれてしまいました。3回に1点追加され迎えた4回。會澤選手のタイムリーヒットで同点に追いつくと、5回には相手エラー、會澤選手の犠牲フライで5-3と逆転に成功しました。
しかし6回、疲れが見え始めていた九里亜蓮選手が先頭打者をスリーベースヒットで出塁させると、2アウト後、井上選手、鈴木選手に連続タイムリーヒットを打たれて同点とされると、2番手の今村選手がこれを止められず田村選手l萩野選手にも連続タイムリーヒットを打たれてこの回4失点。この失点を尾を引き、5-7で広島カープは敗戦。このカード負け越しと2連敗を喫してしまいました。

なんとも不甲斐ない投手陣

本当に投手陣が酷いですね。最近、打撃陣は好調でしっかり点を取ってくれるのですが、投手陣が崩壊し、逆転され負けてしまっています。ここ8試合中7試合で7失点以上しており、交流戦のチーム防御率も12球団ワースト。勝てる試合をことごとく落として交流戦も負け越してしまっています。
ほんと酷い、、この試合も先発の九里亜蓮選手の疲労が見えていたのにもかかわらず、続投させ失点。前回登板と同じミスを繰り返しましたね。2番手にはなぜか今村選手。普段なら7回に登板するピッチャーですが、なぜか登板し連続タイムリーヒットを浴び失点。投手というのはデリケートなのでこういうことが起きると失点に繋がるケースが多いのですが、それが現実となってしまいました。
本当にここ最近の投手起用、交代のタイミングが酷いです。首脳陣はこの回までは投げ切れというスタンスなのか、この前の試合も10失点するまで薮田選手を交代させませんでした。ここ最近の采配に勝利の光が全く見せませんね。勝つ気がないように見えます。こんな戦い方していたらチームの士気も下がりますし、投手陣、野手陣の関係悪化も心配になります。勝つ試合をしたいのなら先延ばしにせず、最少失点で止める努力を首脳陣はするべきです。頼みます、畝ピッチングコーチ!

6/6の試合

広島カープ 対 日本ハムファイターズ
予告先発
広島カープ・岡田明丈 (5勝1敗)
日本ハム・上沢直之 (5勝2敗)
マツダスタジアム 18時プレイボール

広島カープ先発は岡田明丈選手。
開幕から好調で、勝ち星を大きく上げていってくれていた岡田選手ですが、ここ最近また制球に苦しむようになってきており、勝ち星もここ最近付いていません。フォアボールから失点するイメージが強い岡田選手なので、強気なピッチングでしっかり投げ込んでほしいところです。広島カープの先発の柱は大瀬良選手だけではないというところを見せて欲しいです。
野手の注目選手は野間選手。
打撃も好調で規定打席には達していませんがチームトップの打率を残しています。粘ることもできるので、投手の球数を増やしたり、フォアボールなどで出塁することもできる選手なので、今の好調をそのままに勝利に貢献していただきたいですね。
勝って嫌な流れを吹っ飛ばすぞ!頑張れ広島カープ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

2月25日は筒香(ツー・ツー・ゴー)の日(笑) 侍ジャパン、四番は筒香!!

本日2月25日、強化合宿中の野球日本代表「侍ジャパン」が、ソフトバンクとの練習試合を行う。4番は我らが横浜ベ…

2017年シーズン注目選手〜読売ジャイアンツ〜

今シーズンのジャイアンツの注目選手を紹介していきます。 主に今シーズンから加入した新戦力の紹介です。

1家族一回限りの無料サンプル請求

Daisuke

スポーツが大好きです。特に野球。特に広島カープ。
よろしくお願い致します。