今週末は京都競馬場にて、6月末に大井競馬場にて開催される帝王賞のステップレースとも言える第25回平安ステークスが開催されます。昨年のこのレースは1番人気に推されたグレイトパールが期待通りの走りを見せつけての優勝。しかし、2着には6番人気クリソライトが入り、3着には15番人気のマイネルバイカが入りやや荒れたレースとなりました。3連単配当も730番人気といった結果でした。今年も昨年1着のグレイトパールが出走予定ですし、一昨年の勝ち馬でもあるアスカノロマンも健在。昨年以上の混戦になりそうです。今回は昨年のダート王決定戦のチャンピオンズカップで2着のテイエムジンソクと、現在6連勝中と絶好調のグレイトパールについて書いてみようと思います。その前に出走登録馬です。

アスカノロマン
クイーンマンボ
クインズサターン
クリノスターオー
グレイトパール
コスモカナディアン
サンマルクデューク
サンライズソア
ザイディックメア
ジュンヴァルカン
タガノゴールド
テイエムジンソク
トップディーヴォ
トラキチシャチョウ
ドリームキラリ
ナムラアラシ
ナムラヘラクレス
ハイランドピーク
ブライトンロック
プリンシアコメータ
マイティティー
マイネルオフィール
ミツバ
メイショウウタゲ
メイショウスミトモ
ユラノト

以上、26頭の出走予定馬です。

得意の京都で力発揮なるか!?テイエムジンソク

昨年のダート王決定戦のチャンピオンズカップではゴール手前でゴールドドリームに差されて惜しくも2着のテイエムジンソクも出走予定です。現在のダート界を引っ張る存在とまでのし上がったのですが、1900mでは未勝利というのも事実です。距離延長がどう出るかといっったところですね。ただ大崩れはし難いタイプなので狙いやすいという感じです。スタートも安定しており、そこからスッと脚を使える感じで好位につけるパフォーマンスはピカイチ。また基礎スピード面をみても、ダート界でかなり上のレベルにいることは間違いなく、なんなら天敵グレイトパールを出し抜くにはそこを存分に使う形へとなると思います。ということで、ある程度は流れた方が良きく、前々走の東海ステークスでもハイの流れからでも逃げ切れた感じでした。これを1900mで出来るのか?という疑問は確かにありますが、成長した分の上乗せは期待したいところ。今回も古川騎手が騎乗予定ということですので、この辺はうまくリカバーしてくれると信じています。追い切りも坂路を強めのキャンターで駆け上がり、走る気満々でややかかり気味だった様子。木原調教師も変わらないねと笑顔dw話していたということで、だいぶリラックスできているのかなと。ここは一発大本命も。

とにかく負けない!グレイトパール

昨年も厳しい流れをねじ伏せてきたこの舞台で今年は連覇をかけての参戦となるグレイトパールも出走予定です。ここまで6連勝中ととにかく負けないリズムを生み出している感じで、昨年のこのレースでもクリソライトに0.7差と超大差をつけての大勝利。ハイの流れの中からも、ロングスパートをきかせての大勝利でクリソライトがただ一頭36秒台で追いすがるのもなんのその。と出し切った感じでした。というように、このグレイトパールにおいては出しきれるレースの方が向いているとも言えます。前がハイに持っていくのであればといったところですが、おそらくテイエムジンソクがかなり前目での競馬をしてくると思います。目標はズバリテイエムジンソクで、ここを的に絞って追走したいところ。そして何より、土曜日は雨も予想されており、雨も大歓迎なのがグレイトパールでしょうか。とにかく今は隙がない感じですね。テイエムジンソクとグレイトパール。この二頭を軸に3着当てにいく作業になりそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

3歳頂点はどの馬だ!?今週末は日本ダービー

いよいよこの時期がやってきましたね。先週は2歳女王と桜の女王の直接対決となった優駿牝馬で、桜の女王アーモンド…

ピッタリマーク!?先行馬の特性って?

馬の特性を知れば更に競馬が楽しくなりますよ。 今回は、先行馬編のご紹介です。

1家族一回限りの無料サンプル請求

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き40歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。