今週末は春のマイル女王決定戦の第13回ヴィクトリアマイルが東京競馬場にて開催されます。ミッキークイーン、クインズリング、ルージュバックなど、牝馬を代表する強馬が去った今年はどうなることやらと思っていましたが、彼女らの陰に隠れて実力をつけてきた馬たちが開花した感じで、とても均衡した牝馬の争いになっているのかなと個人的に感じています。4歳以上牝馬限定のこのレース。昨年はアドマイヤリードが直線で突き抜けて勝ったレースで、そのアドマイヤリードも今回はディフェンディングチャンピオンとして名を連ねています。今年は昨年以上の強馬が揃った感じで、牝馬限定のグランプリレースのような感じになりそうですね。その中で成長著しい4歳馬の二頭に注目。今回は昨年のオークスを制し、ここまでキタサンブラックやマカヒキ、サトノクラウンなどの強敵を相手にして経験豊富なソウルスターリングと、強烈な先行力を武器に、ここ最近のレースで一気に目立ち始めているカワキタエンカについて書いてみようと思います。

4歳牝馬の女王が復活なるか!ソウルスターリング

2歳女王、そして昨年の牝馬優駿を勝ち3歳女王となったソウルスターリングも出走予定馬です。なんといっても父が怪物フランケルということです。が、今のところそのフランケルの血が覚醒しきれていないのが正直なところでしょう。普通に考えれば十分強い馬であることは申し分ないわけですが、ことフランケル産駒ともなると期待が2倍に膨れ上がってしまっている感じですかね。牡馬でもモズアスコットがもう一息といったところですし、今のところはフランケルの怖さを感じれないかなと。ソウルスターリング個体で考えると、オークスを勝ち切っているので強いことは証明済み。そこからここまでは一級線の超強馬を相手に戦ってきたことですので10戦5勝の5-0-1-4はまあ仕方ないのかなと。しかし今回の舞台は牝馬戦ということで、正直ここは勝ってもらわないと納得できないというにが心情ですね。左回りに関しては東京競馬場で行われたオークスでもやれているので問題はないのかなと思いますが、やはり気になるのが基礎スピード面。今回はアエロリットやカワキタエンカが逃げてくれるにで毎日王冠のように先頭に立つ必要はなくなるものの、アエロリットとカワキタエンカが逃げるとなるとペースはかなりのハイになる予想もできるためポジショニングも難しいかなと。縦長の隊列で後方にいては、ミスパンテールやリスグラシューのようなトップスピードの質がなければ厳しいところ。となると好位から内内をロスなく立ち回ってチャンスを着くしかないのかなと。怖さはあるけれど、いまいち不安定なのもソウルスターリングでもありますよね。

二列目ポケットでも!カワキタエンカ

クラシックは桜花賞とオークスに出席も脇役で終わったものの、明け4歳となって出走した中山牝馬ステークスで見事な逃げ切りを演じたカワキタエンカも出走予定です。個人的にはアエロリットは先頭に立つのであればカワキタエンカは苦しいのかなと。逆にカワキタエンカが先頭に立つのであればレースは荒れる可能性もあるのかなというのが見解です。要は、アエロリットが先頭ならペースはハイになりある程度は上位人気馬で表彰台を飾るのでろうと思っています。仮にカワキタエンカが先頭に立つようであれば、ペースは抑え気味に平均からスローに持っていくのかなと。となると、ロングスパート戦となるので浮上してくる馬は非常に多くなるので予測不能に陥るのが今回のヴィクトリアマイルと思っています。カワキタエンカ的には距離短縮はきついと思うし基礎スピードがかなり問われる展開ともなれば正直なところ・・・ですね。まあ、カワキタエンカが浮上するとなると重馬場と内枠が絶対に不可欠。更に言えばアエロリットが大外枠であるといことですね。これが全て絡めば連対予想の馬券圏内も見えてくるのかなと。枠と天候次第で決めようかなといったところです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

意外に多い芸能人の馬主〜儲かるものなの?〜

JRAの昨年の年度代表馬はキタサンブラックでした。 そしてその馬主は超大物有名演歌歌手のあの人です。 芸能人…

今週末はキーンランドカップ!集え、スプリンターたち

夏競馬真っ盛り。今週末は札幌競馬場でキーンランドカップです。

1家族一回限りの無料サンプル請求

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き40歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。