5/15 vs 阪神5回戦(甲子園)

タイガース 2-1 ベイスターズ

勝:メッセンジャー(6勝2敗0S)
S:ドリス(0勝1敗12S)
敗:飯塚悟史(0勝3敗0S)

バッテリー
阪神:メッセンジャー、ドリス - 梅野隆太郎
横浜:飯塚悟史、エスコバー、三嶋一輝 - 嶺井博希、髙城俊人

本塁打
横浜:桑原将志 2号

ここまで阪神戦勝ち星なしですが、ついに開幕から5連敗となりました。12年ぶりのことだそうです。とにかく阪神の投手陣を打ち崩せませんね。ベイスターズの投手陣は頑張っているんです。この日も今季5度目の先発で初勝利を目指す飯塚悟史が粘りの投球を披露し、6回途中2失点。決して悪くはありませんでした。

打線はここまで3番だった筒香嘉智を4番、4番だったロペスを3番に上げる新打順で臨みましたが、阪神先発・メッセンジャーの前に、得点圏に走者を置いた状況でクリーンアップに回すことが出来ませんでした。これでメッセンジャーには3戦3敗と完全にお得意様状態です。なんとかこの状況を打開したいですね。

5/16 vs 阪神6回戦(甲子園)

タイガース 0-5 ベイスターズ

勝:東克樹(3勝2敗0S)
S:
敗:岩貞祐太(2勝1敗0S)

バッテリー
阪神:岩貞祐太、岡本洋介、尾仲祐哉、桑原謙太朗 - 原口文仁、長坂拳弥
横浜:東克樹 - 嶺井博希

本塁打
横浜:ソト 3号

阪神戦今季初勝利!ドラ1ルーキー・東克樹がやってくれました!新人一番乗りの完封で3勝目を挙げ、今季の阪神戦6戦目にしてチームを初勝利に導いてくれました。阪神打線を3安打に抑え、セ・リーグの防御率でもトップに躍り出ました、凄い!!

東自身、ここまで阪神戦は2戦2敗ではありますが、2試合ともクオリティースタートだったんですよね。打線の援護がなかっただけなんです。ただこの日は打線が阪神投手陣を久々に打ってくれました。

5/17 vs 阪神7回戦(甲子園)

タイガース 3-6 ベイスターズ

勝:平良拳太郎(1勝0敗0S)
S:山崎康晃(0勝1敗10S)
敗:秋山拓巳(3勝4敗0S)

バッテリー
阪神:秋山拓巳、藤川球児、マテオ、尾仲祐哉、岩崎優 - 梅野隆太郎、原口文仁
横浜:平良拳太郎、エスコバー、井納翔一、砂田毅樹、パットン、山﨑康晃 - 嶺井博希

本塁打
阪神:福留孝介 3号
横浜:宮﨑敏郎 6号、ロペス 12号・13号

阪神戦2連勝!若手が続きました!今季初先発の平良拳太郎が6回途中1失点と好投し、今季初勝利。勝率5割として3位浮上です。

このカード初戦の飯塚、2戦目の東に続き、この日も若手投手が素晴らしいピッチングを見せてくれました。今後のベイスターズのローテーションを任されることになるでしょうね。今後も期待です。

打ってはロペスが2本塁打を含む3安打3打点の活躍を見せ、本塁打と打点でリーグトップに立ちました。ここから打線も上がってきますよ~。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

オールスターファン投票結果発表〜パリーグ編〜

6月26日発表されたオールスターファン投票の結果発表されました。

4月30日プロ野球結果〜セリーグ〜

4月30日のプロ野球結果です。 ベイスターズが乱打戦を制した。阪神、ヤクルトが接戦を制した。

野球から生まれた流行語Part2

野球関係で受賞した流行語まだまだあります。

1家族一回限りの無料サンプル請求

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。