はじめに

ささみと言うとみなさんはどんなイメージを持ちますかね。
良く聞くのが、カロリーが少ないのでサラダと一緒に食べたりしてダイエットにも良いと言われてますね。カロリーも少ないので、ボクシング選手も食べたりしているとも言われています。
そんな鶏のささみですが、どんな場所にありどんな効果が期待できるか、
少し紹介したいと思います。

部位

両手羽に1つずつある深胸筋の部分となっています。
場所は胸肉に近接している部位となっています。

栄養

鶏のささみの栄養による効果をまとめると
■疲労回復
■美肌効果
■消化促進
■滋養強壮
等が挙げられます。

鶏のささみの栄養のメインはタンパク質です。タンパク質は消化吸収に優れていますので胃に優しいです。鶏のささみのタンパク質の豊富さは様々な肉の中でも断トツでトップです。

それにタンパク質は筋肉のもとになります。筋トレの効果を最大限に高めたいのなら是非ささみを食事に摂り入れてみてください。

またビタミンAやビタミンB群が豊富に含まれており美肌効果もあるといわれています。

脂肪がほぼ含まれていないので食べても太りにくいです。

調理法

調理法てしては酒をもみ込んで蒸せばパサつかず、栄養も損失しないですね。
低脂質、高タンパクで知られているささ身は、身が柔らかく淡泊な味わいが特徴です。
ビタミンB1、B2、ナイアシンは水溶性のビタミンなので、茹でるより蒸す方が栄養の損失を避けられます。
また、蒸し調理であればパサつきを抑えることができ、事前に酒をもみ込んでおくとさらにジューシーな仕上がりになります。
淡泊な味わいなので、他の食材や調味料とも組み合わせやすいでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。