4/7 広島カープ 2-4 ベイスターズ

連勝は3でストップ。チャンスは作りましたが、ベイスターズ先発のバリオス選手に封じ込まれてしまいましたね。

広島カープ先発はジョンソン選手。
ランナーを出すものの得点を与えないピッチングを見せていましたが、5回に嶺井選手に2ランホームランを打たれて2点を先制されると、倉本選手にもタイムリーヒットを打たれて5回に3失点。6回にも筒香選手に犠牲フライを打たれ0-4とリードを許してしまいました。しかし、広島カープは7回に西川選手のタイムリーヒットで1点を返すと、8回には1アウト満塁のチャンスで松山選手が押し出しを選び2点差に。ここで一打出たら逆転のチャンスでしたが、後続が打ち取られ得点に至らず。9回は山崎選手に完全の抑えられ2ー4で敗戦。連勝も3でストップしてしまいました。

苦手ベイスターズに敗戦も中継ぎ陣に光

苦手意識が出てしまった試合展開となってしまいましたね。
チャンスは作るものの、打線がつながらず追加点を奪えませんでした。ジョンソン選手も調子が悪かったわけではなさそうでしたが、ホームランと味方のエラーで少しリズムを崩してしまった印象でした。しかし、フォアボールが0だったのはさすがジョンソン選手ですね。次回にピッチングも期待しています。
この試合、中継ぎ陣の失点は0。7回に九里亜蓮選手が登板し、3安打を打たれるも無失点に抑え、今シーズンから1軍定着しているアドゥワ誠選手が2回を1安打無失点に切り抜けてくれました。中継ぎ陣の酷使が気になる広島カープに新たな駒が増えたという印象ですね。アドゥワ誠選手の今後の成長に期待したいですね。

4/8の試合

広島カープ 対 DeNAベイスターズ
予告先発
広島カープ・大瀬良大地 (1勝0敗)
ベイスターズ・京山将弥 (1勝0敗)
マツダスタジアム 13時30分プレイボール

広島カープ先発は大瀬良大地選手。
前回の登板では足がつってしまい、5回途中でマウンドを降りる形となってしまいましたが、9奪三振2失点という好投を見せてくれました。大瀬良選手もフォアボールでリズムを崩してしまう印象があるので、強気なピッチングで打者を翻弄し、バンバン投げ込んでいただきたいですね。
野手の注目選手は堂林選手。鈴木選手が離脱する中、1軍でしっかり結果を残してくれています。なかなかチャンスをモノにできず2軍を行き来しているので、このチャンスをしっかりものにして1軍定着とレギュラー奪取して欲しいですね。堂林選手の1打に期待しています。
この試合に勝って勝ち越しをしっかり決めるぞ!頑張れ広島カープ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

プロ野球背番号列伝『3』

プロ野球背番号列伝第4弾

セリーグのタイトル争い 投手編

打線の援護に恵まれていたら投手三冠の可能性もあった菅野投手。安定してましたね。

4月4日プロ野球結果〜セリーグ〜

4月4日のプロ野球結果です。

1家族一回限りの無料サンプル請求

Daisuke

スポーツが大好きです。特に野球。特に広島カープ。
よろしくお願い致します。