はじめに

バッティングセンターと言うと野球少年が練習をするイメージが強いですが、野球をした事ない人でも気軽に野球体験を出来る場所でもありますね。かなりの確率でカップルもバッティングセンターで見かけたりします。彼氏が野球経験者なのか、彼女の前で良いところを見せたりと。
そんないろんなシュチュエーションに応えてきたバッティングセンターも
年を重ねるごとに進化してきてますね。
今回はそんなバッティングセンターの歴史を紹介したいと思います。

アームマシン

アームマシンとはただ一定のタイミングで投げ出される
タイミングの取りにくいマシンですね。
良く高校野球で練習用に使われているマシンです。

ドットの映像のマシン

ドットの映像のマシンはピッチャーがドットの映像になっていて
多少はタイミングが取れるようになっています。
ドットなのでファミコンのピッチャーが投げているような感覚です。

実写映像のマシン

現在のバッティングセンターでは多くなってきてるのではないのでしょうか。
プロ野球選手の映像を使ったバッティングマシンですね。
少年達はプロ野球選手から打った感覚になるので喜びますね。
この実写マシンでは過去のプロ野球選手もいたりして、お父さん世代も通ったりして楽しんでいるそうです。

ストラックアウト

バッティングセンターにはかなりの確率で置いてあるピッチング用。
12球のうちにストライクゾーンを9分割した的を射ぬくゲームですね。
9分割のパネルの間にはフレームがあり、簡単そうに見えて難しいゲームです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

過去のプロ野球珍記録集①

プロ野球のキャンプ珍記録を紹介します。

野球から生まれた流行語Part2

野球関係で受賞した流行語まだまだあります。

今シーズンのベテラン勢の活躍

今シーズン活躍しているベテラン選手を紹介していきます。

1家族一回限りの無料サンプル請求

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。