3/16 ヤクルトスワローズ 2-5 広島カープ

開幕投手候補の野村祐輔選手が好投し、ヤクルトスワローズに勝利。
これで野村祐輔選手はオープン戦2勝目となり、開幕投手に一歩前進ですね。
広島カープは初回、2番バッターの菊池涼介選手が3ベースヒットで出塁すると、続く丸佳浩選手がタイムリーヒットを放ち幸先よく先制点を挙げました。3回には鈴木誠也選手のソロホームラン、4回には田中広輔選手、丸佳浩選手のタイムリーヒットで2点、5回にはメヒア選手のタイムリーヒット5回までに5点を挙げました。先発の野村祐輔選手は、6回を投げ4安打無失点の好投で先発の仕事をしっかり果たしてくれました。
終盤、中継ぎ陣が打たれて3点差にまで詰め寄られるものの、リードを守りきり広島カープが勝利。12安打5得点の猛攻でした。ここ最近打線に元気がなかったので、とりあえず一安心ですね。

3/17 楽天ゴールデンイーグルス 5-3 広島カープ

終盤は我慢の試合展開でしたが、終盤に中継ぎ陣が打ち込まれ敗戦。投手陣に不安が残る試合でした。
広島カープの先発は岡田選手。3回に制球が定まらなくなり、2つのフォアボール後、今江選手、ウィーラー選手に連続タイムリーヒットを打たれ2点を先制されてしまいました。しかし4回、0アウト1,2塁のチャンスでエルドレッド選手がタイムリーヒットを放ち同点に追いつきました。
先発の岡田選手は、アクシデントで、4回1/3を4安打5四球2失点と制球に不安を残し降板しました。その後、新外国人のカンボス選手、中崎選手が打たれて、3-5で楽天ゴールデンイーグルスに敗戦。先発、中継ぎ共に不安を残してしまいました。

3/18 楽天ゴールデンイーグルス 5-4 広島カープ

先発ローテーションに名を連ねるであろう大瀬良選手が乱調。開幕に不安を残すピッチングとなってしまいました。
広島カープ先発は大瀬良選手。初回にフォアボールでピンチを作ると、自らの暴投で先制点を献上してしまいました。2回には2失点、5回にも2失点と5回を投げて7安打4四球5失点という内容でした。オープン戦で結果が出せていない大瀬良選手。少し不安ですね。
打線は、この試合も好調で、特に松山選手が3安打1打点の活躍で、怪我から復帰する鈴木誠也選手に4番を譲らないと言わんばかりの活躍を見せてくれました。松山選手、鈴木選手の4番争いも見ものですね。
試合には負けたものの、この試合は中継ぎ陣の失点は0。しっかり踏ん張ってくれました。
開幕まであと11日。オープン戦もあと5試合と開幕間近なので、各選手しっかりアピールして開幕一軍を決めて欲しいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

2017年シーズン注目選手〜楽天ゴールデンイーグルス〜

今シーズンも間も無く開幕。 各チームの注目選手を紹介していきたいと思います。 今回は楽天ゴールデンイーグルス…

シーズン最多ホームラン記録の持ち主は?

シーズン最多ホームラン記録保持者は誰?

カープひいき vol.55 8月3日 阪神タイガース戦

カープファンによるカープびいきの試合結果報告です。

1家族一回限りの無料サンプル請求

Daisuke

スポーツが大好きです。特に野球。特に広島カープ。
よろしくお願い致します。