はじめに

ビタミンには種類も多く、人間にとって必要不可欠な物で、
ビタミンにもいろんな役割を持っている事がわかっていますね。
ビタミンAだと肌に潤いを与えたり、ビタミンCだと抵抗力を強めたりと体に必要ビタミン。
そして今回はそんなビタミンの中でもパントテン酸というビタミンを紹介したいと思います。聞いたこと無いような名前ですが、どんな役割を持っているのか少しですが紹介したいと思います。

パントテン酸とは

パントテン酸は、「至るところに存在する酸」という意味で命名されました。この名前の通り様々な食品に含まれているので、通常の食事をしている人では不足することはまずありません 。パントテン酸は食事から摂取するほか、腸内細菌群によってもわずかに合成されます。パントテン酸はコエンザイムA (CoA) やホスホパンテテインなど、補酵素の構成成分として、生体内で重要な働きをしています。特に、TCAサイクルや脂質の代謝に深くかかわっているため、パントテン酸欠乏は、エネルギー代謝の異常や障害を起こします 。

多く含まれている食品

パントテン酸はいろいろな食べ物に含まれていますが、植物性食品ではひきわり納豆や小麦胚芽、ブロッコリー、アボカドなどに特に多く含まれています。キノコ類には栄養があまりないと考えている人がいるかも知れません。しかし、シメジやヒラタケ、ナメコなどのキノコ類にはパントテン酸が多く含まれているのです

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ハツの栄養

ビタミンBが豊富

絵の桃はなぜ尖ってる?意外と知らない『桃』の話

絵の桃って、なんで尖ってるんでしょうか?

世界のお酒〜韓国編〜

お隣韓国のお酒を知ろう

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。