ダイエット効果

実はダイエットと睡眠は深く関わっています。
睡眠不足だとなぜか食欲が湧いてきたり、口に何か入れたいという衝動に駆られたことはありませか?食べたのに食欲がある場合、睡眠不足が原因です。食後10分~15分の昼寝は、食べるという行動を抑えられ、代謝を高め、痩せやすい体質にしてくれる効果もあります。

集中力アップ

日中、たくさん仕事をして頭がパンクすることはないですか?そんな時は昼寝がオススメです。実は脳は寝ている間に情報を整理してくれます。頭がパンクしそうでこれ以上覚えられないと困ってしまった時は昼寝をした方がスムーズになります。少し昼寝をするだけで物事の効率があがるのです。

ストレス解消

ストレス社会の中で、日々目まぐるしく生活をしている今日この頃。肌荒れや身体の不調など様々な悩みが…実は昼寝を10分程度することで、ストレスを軽減することができるのです。今まで自分が何をしていたのか忘れてしまうくらいの深い眠りから目覚めた時には気分がリフレッシュ、イライラがおさまり、落ち着きます。

理想的なお昼寝とは

お昼寝の正しいやり方についてご紹介します。お昼寝を行う際は夜の睡眠の質を下げないためにも、午後15時までには済ませるよう注意してください

1.【長くて20分間】
昼間に長時間寝てしまうと睡眠慣性(※頭がぼーっとするなどの症状)が生じ、午後からの作業に影響を及ぼす可能性があると言われています。お昼寝をする際は、15〜20分以内に起床するよう心がけましょう。

2.【昼寝前にカフェインを摂取する】
コーヒーやお茶に含まれるカフェインは摂取後30分程で覚醒効果が現れ始め、その後も4〜5時間程その効果が持続すると言われています。食後に一口コーヒーもしくはお茶を飲んでおくとちょうどお昼寝から目が覚めるタイミングでカフェインの作用が効き始めるので、午後からの作業もより効率よく進められるでしょう。

いかがでしたか?この機会に睡眠について意識しましょうね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takuji

こんにちわ。
クエン酸と、テニス大好き少年です。プレーするのも、観戦するのも大好きです。
得意なのはフォアストロークです。アプローチから相手を追い込み、ボレーで決めるのが
基本的なスタイルです。苦手なのはバックです。弱点を隠し、なるべくフォアに回り込んで打つ癖で、弱点が余計に目立つようになりました。
これからも、弱点から逃げずにバックを克服していきます。