「たんぱく質」をしっかり摂って代謝アップ!

たんぱく質の比率をあげるとダイエットに効果的だ。それはたんぱく質を構成するアルギニン、リジン、プロリン、フェニルアラニンの4つのアミノ酸が脂肪分解酵素リパーゼを活性化し、体脂肪を燃焼しやすくしてくれるから。しかも、体に必要な筋肉を減らす心配がないので、基礎代謝量を維持しやすくリバウンドをしにくいという利点もある。

脂身の多い肉などの高たんぱく食品は控えめに

毎日の食事内容をたんぱく質中心にするのは大切だが、高たんぱく食品には脂肪が多く含まれているものが多いので注意したい。とくに肉は脂肪が多くカロリーも高いので、食べ過ぎるとダイエットには逆効果。肉を選ぶときには、脂肪の多いカルビやスペアリブなどは避け、赤身の多いものを選ぼう。調理方法も油をあまり使わない網焼きや煮物などに。

・ダイエット向きの高たんぱく食品を食べよう
ダイエットにおすすめの高たんぱく食品はどんな食材だろう。答えは、大豆や魚介類、ナッツ類、鶏肉など。納豆のダイエット効果が一時期話題になったが、これはたんぱく質を多く含んだ大豆パワーのおかげなのだ。しかし、納豆を食べるとどうしてもご飯が進んでしまうのが難点。炭水化物は控えめに、ご飯のおかわりはしないよう頑張ろう。

代謝アップ栄養素はこんなにある!

■糖質をどんどん燃やす「クエン酸」
クエン酸には、糖質や体脂肪を効率よく燃焼する効果があるため、ぜひ積極的に利用したい。
梅干、レモン、もろみ酢など

■代謝促進に欠かせないビタミン「ビタミンB群」
ビタミンB群には代謝を助けるはたらきがあり、3大栄養素であるたんぱく質、炭水化物、脂質の燃焼効率をアップする。
豚肉、鶏肉など

■脂肪燃焼を活発にする「カプサイシン」
唐辛子の辛味成分であるカプサイシンを摂るとエネルギー代謝が高まり、筋肉や肝臓にたまったグリコーゲンが分解され、体脂肪の燃焼も促進される。少量でもすぐに体が熱くなるため、体脂肪が燃焼している感じがする。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

1日の摂取カロリーを知ろう!

摂取カロリーの計算方法を知っていますか。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。