来週末はいよいよ有馬記念ということですが、その前に今週末は牝馬ハンデ戦のターコイズステークスが中山競馬場にて開催されます。来週の有馬記念と同じ舞台ということで、馬場状態などを確かめるためにも重要ではありますが、早くも来春のヴィクトリアマイルを占う上でも重要な参考レースでもあります。昨年のターコイズステークスは今年序盤に引退したマジックタイム。ほぼ最後方からの末脚は凄まじい勢いでまとめて差しての勝利でした。中山競馬場の3コーナーからの下りを利用した差し脚軍団が成績良いので、今回はその辺を中心に注意してみたいかなと思います。

アールブリュット
アスカビレン
アッラサルーテ
エテルナミノル
オートクレール
サザナミ
ディープジュエリー
デンコウアンジュ
ハローユニコーン
バンゴール
フロンテアクイーン
ペイシャフェリス
ミスパンテール
ラビットラン
リーサルウェポン
リエノテソーロ
ワンブレスアウェイ

以上、17頭の出走登録馬です。

中山の下りをうまく使えるかが鍵!?ラビットラン

レベルが高い今年の3歳牝馬のなかでも目立つ存在といっても良いでしょうか。ラビットランが来春のヴィクトリアマイルに向けて始動です。前走の秋華賞は重馬場という悪条件のなか、同じタイプのディアドラが強烈な追込みでまとめて差しての勝利。ラビットランも善戦虚しく、得意としている末脚を引き出せずにリスグラシューにも交わされ、またモズカッチャンを差し切れずといった内容でした。仮にルメール騎手鞍上のディアドラと同じ道を通っていたとなると・・・たらればですが、そんな期待や実力を持ち備えている一頭と思います。舞台は2000mなのでなんとも言えませんが、NHKマイルを獲ったアエロリットや桜花賞馬のレーヌミノル、世代最強と言われていたファンディーナにも先着しているので、世代屈指といっても良いのかなと感じています。また、ラビットランは早熟というよりも晩成タイプかなと感じており、古馬となる来年から牝馬戦で一気に躍り出てくれる存在とも思っています。もちろん今回のターコイズステークスにおいても軸として考えている一頭ですが、気になるのは斤量差ですかね。ただ今回のメンバーを見る限り、圧倒的に逃げる馬が見当たらず、おそらくゆったりとしたペースで入るのかなと感じているので、ラビットランにとっては有難いところかなと。どちらにせよ仕掛けが早くなると思うので、その辺のコントロールをC.デムーロがどう捌くかが見ものです。

先行になるのかな?ミスパンテール

モズカッチャンがエリザベス女王杯を獲ったということで、今年の3歳牝馬はやはりレベルが高いというのが証明された感じですね。同じ世代のソウルスターリングも早くも古馬に紛れて善戦しているので、ますます期待したくなる今年の3歳牝馬ですね。その3歳牝馬からは、ラビットランとミスパンテールが出走予定となっています。ラビットランと違うところは秋華賞を回避したこと。不良馬場に近い馬場状態での発走となった秋華賞で脚を使ったラビットランと、そこを回避してこの舞台で出走できる差はかなりの大きいハンデと言っても良いのかなと思います。ラビットランの対戦は関西TVローズステークスでしたが、この時は大きく差をつけられての大敗。その後は秋華賞を回避してオープンの清水ステークスげ出走も、上がり3F33.3とマイル適性をモロに見せられた勝利。伊達にチューリップ賞でリスグラシューよりも先着した実力はあるなと唸らさせられた一戦でした。個人的な見解として脚質的には差しが向いているとは思うものの、今回のメンバーから行けば先行にならざるを得ないのかなといったところでしょうか。横山騎手がどう乗りこなすかも見ものです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

今週末は3歳牝馬クラシック!牝馬優駿(オークス)特集 第一弾!

5月21日 東京競馬場 11R 芝2400m 発走時間15:40 3歳牝馬クラシック・牝馬優駿(オークス)…

春のマイル王決定戦 第67回安田記念!4週連続Vなるかルメール!? 第ニ弾

今週日曜は春のマイル王決定戦の安田記念!今年はどんな展開となるのでしょう?

エプソムカップ!勝敗の鍵はダイワメジャー産駒次第!?

まだまだ熱い東京競馬場。今週末はエプソムカップです。

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き39歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。