炭酸水とは

炭酸水(たんさんすい)とは、炭酸ガスを含む水のことを言います。ソーダ水・ソーダとも言われてます。特にソフトドリンクの多くでは、飲み物に清涼感を与える目的でこの炭酸ガスを原料の一つに使用し気泡を立たせる。これは炭酸飲料とも呼ばれてます。

炭酸水は炭酸ガスと水に圧力をかけ製造することが可能である。人工的に製造可能な炭酸水だが、自然界でも炭酸水は湧き水や温泉などの形で産出し、飲用可能なものはミネラルウォーター等の形で販売される。また、欧米のレストランでは水を注文する際、「炭酸水」か「無炭酸の水」かを選んで注文する形式が一般的となっているみたいです。

1日の摂取量はあるのか

寒くなってきたこの時期だからこそ、ヒーターやストーブを使用し、体内から水分を奪われがちになってしまいます。
その乾いた体を潤すには、定期的な水分補給が必須です。
水分は、私たちの生命にとって不可欠で、体内で食べ物の栄養素の運搬や、廃棄物の排泄、体温の調節などの大切な役割を果たしています。

また、炭酸水をダイエット目的で飲む場合、食前に500ml以上が適当と言われてます。

飲むタイミングは食事の前がいいでしょう。飲み会などで食べ過ぎてしまいそうと感じた時は、食事の前に炭酸水を500ml、常温で飲むとお腹の中で炭酸ガスが一杯になって満腹感が得られるので食べ過ぎを抑制してくれると言われてます。

また、健康や美容目的で炭酸水を飲む場合は、150~200mlの量を1日5杯程度飲むようにしましょう。水をたくさん飲みましょうという美容法もあるようですが、必要以上に水を飲むのは 腎臓に負担をかけますし、何よりむくみの原因になるので逆効果になることも多いみたいです。

やはり炭酸水は凄かった

炭酸水に含まれる「炭酸ガス」の元は、二酸化炭素。吐いた息に含まれる成分ですね。二酸化酸素は、体にとっては早めに追い出したい成分の一つ。
二酸化炭素は水分に溶けやすく、炭酸水という形で体に取り込むと、血液内の二酸化炭素濃度が高くなります。
そうなると体は二酸化炭素を追いだそうと、血管を広げて血流を良くしようと働きかけます。血流が良くなることで、新陳代謝が高まり「デトックス効果」が期待できます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

トレビス?キャベツ?

トレビスという野菜をご存じでしょうか。名前を聞いて野菜の姿が思い浮かばなくても、案外口にしていることの多い野…

DHAをとろう

話題のDHAには驚くべき効果があった。

本能的に食べたくなる!?お蕎麦の魅力

お蕎麦にはこんな効果があったとは知らなかったです。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

takuji

こんにちわ。
クエン酸と、テニス大好き少年です。プレーするのも、観戦するのも大好きです。
得意なのはフォアストロークです。アプローチから相手を追い込み、ボレーで決めるのが
基本的なスタイルです。苦手なのはバックです。弱点を隠し、なるべくフォアに回り込んで打つ癖で、弱点が余計に目立つようになりました。
これからも、弱点から逃げずにバックを克服していきます。