シールド乳酸菌®の特徴

私たちの身の回りには、さまざまな病原菌やウイルスが存在しています。その外敵から身を守るのは、白血球やリンパ球などの免疫細胞で、外部から侵入してきた病原菌やウイルスを攻撃します。免疫細胞とは、免疫力を発揮するために働く細胞のことで、体内の免疫細胞の約60%が腸に存在します。
シールド乳酸菌®は、加熱殺菌をした菌体であるため、生菌を利用できない食品や流動食などさまざまな分野で応用されています。さらに、腸内の免疫細胞に作用して免疫力を向上させる乳酸菌として期待されています。

善玉菌を増やすことが重要
シールド乳酸菌®の他にさまざまな種類の乳酸菌を摂取して腸内環境を整えることで、腸内の善玉菌が増え健康維持に繋がります。ヨーグルトなどで善玉菌を直接摂ることもひとつの方法ですが、善玉菌の栄養源となる食物繊維やオリゴ糖なども一緒に摂るとさらなる効果に期待できます。食物繊維は、海藻類やキノコ類、ゴボウやコンニャクなどから摂取できます。オリゴ糖は、玉ねぎやアスパラガス、ねぎや大豆、バナナや牛乳などに多く含まれています。

自分にあった善玉菌を見つけよう

腸内環境のバランスは非常に複雑なプロセスで保たれています。そのため、摂取した善玉菌によって必ずしも腸内環境が整えられるとは限りません。さまざまな種類の善玉菌を摂取して、自分が求めている効果を得られるか確認しましょう。まずは、同じ種類のヨーグルトやサプリメントを決め、継続して2週間程度摂取してみましょう。効果を実感できなかった場合は、別の種類の食品を摂取して自分に合ったものを見つけてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

「和食」と健康の繋がり

無形文化遺産に登録されている和食は、健康面でも素晴らしい料理です。

癖になりやすい!捻挫は甘く見ないこと!!

フットサルをする自分にとって、以前は捻挫が癖になっていました。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takuji

こんにちわ。
クエン酸と、テニス大好き少年です。プレーするのも、観戦するのも大好きです。
得意なのはフォアストロークです。アプローチから相手を追い込み、ボレーで決めるのが
基本的なスタイルです。苦手なのはバックです。弱点を隠し、なるべくフォアに回り込んで打つ癖で、弱点が余計に目立つようになりました。
これからも、弱点から逃げずにバックを克服していきます。