今週日曜日には、今年のマイル王決定戦のマイルチャンピオンズカップが京都競馬場にて開催されます。先週の女王決定戦のエリザベス女王杯に次ぐマイル王決定戦ということで、京都競馬場は大盛り上がりといったところでしょう。昨年はミッキーアイルがイスラボニータの猛追を制して優勝。今年もイスラボニータは出走予定ということで、悲願のマイル王の座を奪うことができるのか。


アメリカズカップ
イスラボニータ
ウインガニオン
エアスピネル
ガリバルディ
クルーガー
グァンチャーレ
グランシルク
サトノアラジン
サングレーザー
ジョーストリクトリ
ダノンメジャー
ディサイファ
ネオリアリズム
ブラックムーン
ペルシアンナイト
マルターズアポジー
ムーンクレスト
メラグラーナ
ヤングマンパワー
レーヌミノル
レッドファルクス

以上、22頭の出走登録馬です。

単騎逃げでG1制覇なるか!?マルターズアポジー

そろそろG1獲ってもいいんじゃないの?というにが個人的な意見で、今回のマイルチャンピオンズカップは最高のチャンス到来とも思っています。あとは枠組み。内枠であれば問題なく◎といったところで、それだけ前走の関屋記念の印象が良い感じです。個人的には両サイドにウインガニオンとヤングマンパワーといったハナを主張する逃げ馬が固まって欲しいなとも思っており、このメンバーであればスタート後の二の脚で楽にハナを取れるのかな?と思っています。個人的な予想としては、単騎で逃げたマルターズアポジーの2馬身ひど後ろにウインガニオン、更に1馬身ほど離れてヤングマンパワーといった逃げ馬が完全にペースを握り、縦長の体形を取れるような状況に持ち込みたいところ。粉砕覚悟で3〜4コーナー付近で勢いをつけて内内をロスなく周り、直線はとにかく根性で乗り切るといったカタチを作ってほしいところ。レッドファルクスやサトノアラジン、イスラボニータといった面々の脚をどれだけ削げるかというにが今回のキーポイントになり、どちらにせよローの展開となってしまうとトップスピード勝負では武が悪すぎる。なんとか3頭の力技で追込み軍団等を一蹴したら面白い結果となりそうです。個人的にも贔屓しているマルターズアポジーの応援馬券を購入予定です。

春秋のマイル戦連覇なるか!?サトノアラジン

いまいちわからないのがサトノアラジンの扱いというにが個人的な意見です。素質は十分にあるし、何しろロゴタイプ等を安田記念で撃破しているのが何よりの証拠で、強いことは強いといったところです。ここに来てトップスピードの質に加えて持続をする持久力も伸びて来ているようにも思え、それが出たのが安田記念での末脚だったのかなと思います。故に、このサトノアラジンの末脚を出し切れるかどうかというのが今回の最大の見所で、この勝敗によって順位も大きく変動して来そうな予感もしています。レッドファルクスとサトノアラジンの叩き合いになるのか、それともマルターズアポジーやウインガニオン等の逃げ馬が前残りで終わってしまうのか。それともそこにイスラボニータが割ってくるのか?などなど、様々な想像を膨らましながら考える今回のマイルチャンピオンズカップ。昨年のレースでは直線で伸びたにもかかわらず、ネオリアリズムが前塞がりとなってしまい、ラストは窮屈な競馬で出しキレていなかったようにも思える結果でしたので、川田騎手がどう捌くのか、外に振るのか、はたまたインを付くのかというn9も見ものです。
どうなることやら、今年のマイルチャンピオンズカップ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

雨模様の中京競馬場!今年は荒れるかプロキオンステークス!?

今週末の中京競馬場は雨模様のようです。プロキオンステークスは荒れるかもですね。

キンシャサ産駒のベルーガ!ファンタジーステークスを制覇

キンシャサノキセキ産駒のベルーガが快挙!阪神ジュベナイルフィリーズでも期待できる走りでした。

超ハイペースでコースレコード!函館スプリントステークス

梅雨がないこの時期の北海道は最高です。そんな中、函館スプリントステークスが開催され見事にコースレコードを記録…

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き39歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。