清宮よりも即戦力左腕が欲しい

今年のドラフト最大の注目はご存知、怪物スラッガー・早稲田実業の清宮幸太郎。
人気実力共にピカイチ。球界を席巻するであろうスター要素満載だが、
オリックスは現状、一塁手は埋まっていることもあり、現実指名の確率は薄いとおもわれる。
今、オリックスのここ数年の課題のひとつであるのが左投手不足だ。
先発ローテーションで確立している投手がいないのももちろん、リリーフ陣も手薄なのが現状だ。
ここ近年、松葉貴大や山崎福也といった即戦力左腕を1位指名してきており、1軍での先発機会があるものの、安定した活躍をしているとは言い難い。
今度こそ結果を残してくれる即戦力左腕が欲しいのが現状だ。
そこで指名予想が濃厚なのがJR東日本の田嶋大樹だ。
スリークォーター気味のフォームから繰り出すキレのある速球は魅力的だ。
また、オリックスは吉田一将や、西野真弘などJR東日本出身の選手が多いのも特徴で、田嶋が、フィットする環境にもある。

慢性的な内野手不足も解消したい

もうひとつ課題となっているのが、内野陣が手薄な点だ。
特に今シーズンは安達了一が潰瘍性大腸炎の影響で、最後まで調子が上がらず、体調不良から二軍落ちも度々経験。シーズン通して遊撃手が固定できず、来シーズンも復調となるかも不安な点も挙げられる。
二塁手も同様に西野真弘の不振から固定できずにいた。
更に三塁手も、今シーズン一番多く出場した選手がベテランの小谷野栄一で、競って出場する選手がいない。
つまり現状、内野手は即戦力内野手を1人だけでなく、2人ぐらいは欲しいくらいだ。
そこで候補として上がるのが、トヨタ自動車の藤岡裕大、日立製作所の田中俊太、NTT東日本の福田周平辺りを上位指名で狙いたいところだ。

また今オフ抑えの平野佳寿がメジャー移籍が噂されることもあるので、即戦力リリーフ投手も取っておきたい点もある。
ともあれ、今年は即戦力指名傾向が強そうなドラフトとなりそうだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ベイスターズ、優勝への道 vol.53 〜CS出場の3チームが遂に決定!広島戦〜

1つ1つの勝ち星がベイスターズの優勝につながることを信じて

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

tokotoko

トコトコとコツコツとやっていきます。