今週末はどうしても3歳クラシック最後の王冠・菊花賞に目が行きがちですが、その前日に東京競馬場にて開催される富士ステークスもまた凄いメンバーが集まっています。
昨年の菊花賞3着馬のエアスピネルや、マイル路線まっしぐらでそろそろG1の勲章が欲しいイスラボニータなど、強い馬が集結です。また、ステイヤー色の弱い3歳強馬もまた、この産駒路線で一花咲かせたいメンツが揃っています。サトノアレスやペルシアンナイト、レッドアンシェルが古馬相手に殴り込みをかけてきた感じです。ここに加わるはずのロゴタイプの名前がないのが気になるところですが。
それはさておき、今週も先週に引き続き、馬場のコンディションが悪く、ここまでずーっと降っているとなると重の可能性も秘めてきた今週末。どんな予想をすればいいのか、これまた競馬ファンは大忙しですね。
さて、以下が出走登録馬です。

イスラボニータ
エアスピネル
ガリバルディ
クラリティシチー
クルーガー
グランシルク
サトノアレス
ジョーストリクトリ
ダイワリベラル
ブラックムーン
ペルシアンナイト
マイネルアウラート
ミュゼエイリアン
レッドアンシェル
ロードクエスト

以上、15頭の登録馬です。

総合力的には上位!?エアスピネル

最強の世代と呼ばれてから、もうそろそろ1年が経とうとしておますね。1年て早いですよね。
そんな最強の世代も、ここまでは不発の連続でサトノダイヤモンドも菊花賞後は有馬記念しかG1を獲っていなく、マカヒキはご存知のとおり不運続きで燻り中、ディーマジェスティに関しては、まったく音沙汰がない状況。レインボーラインにしても花開かず燻っているし、ミッキーロケットもG1となるとなかなか良いレースが出来ていない状況。またクラシック組でないですがセイウンコウセイも高松宮記念以降は落ちてしまっている感じ。ここらでスカッと勝ち切って欲しいのがこの世代ですが、この世代からは菊花賞3着馬のエアスピネルに期待といったところでしょうか。もともとキングカメハメハ産駒なのでステイヤー色は強いはず。しかし京都金杯以降、本格的にマイル路線に参戦といった感じです。
能力的にはまったく問題なく、朝日フォーチュリティでもリオンディーズに最後はキレ負けしたものの、マイルでもしっかりと出し切れているので距離に対してぼ適性は問題ないはず。前走の安田記念では、コンビをルメール騎手と組み、スタートが良かったものの後ろに下がり過ぎてしまったことから、余力十分でも捌くのに時間がかかり過ぎ惨敗といった内容でした。再び武豊騎手とのコンビ復活でチカラを出し切って欲しいですね。
ライバルはもちろんイスラボニータ。一瞬のキレ味ではおそらく劣ってしまう相手かもしれませが、なんとしてでもイスラボニータかにピッタリくっついたレースをし、総合力で勝ち切って欲しいものですね。

スローで流れたら最強か?イスラボニータ

れっきとした皐月賞馬ですが、なかなか勝てずに、遂には晩年2位のレッテルを貼られていたイスラボニータですが、ようやっとマイラーズカップで勝利。ようやく呪縛から解き放たれた感じのイスラボニータも、もちろん今年の富士ステークスの優勝候補であることは間違いないと思っています。
懸念材料は、ペースがハイで流れた場合、イスラボニータの持ち味である一瞬のキレ味が消されてしまうところ。それがモロに出たのが前走の安田記念だったのかなと思います。
ロゴタイプが作るレース内容でややハイ。ここは流石のロゴタイプといったところで、基礎スピード重視のレース展開に持ち込むことにより、イスラボニータを完全に封じ込めにいったなと感じたレース。結局、後ろで脚を貯めていたサトノアラジンが上がり33.5と驚異的な差しで勝利。イスラボニータはなだれ込むかたちで終わったといった内容でした。
やはりイスラボニータにとってのレース展開は、スローからの直線勝負といったところ。ゲートがうまい分、今回内枠に入れるようなら期待したいところですが、重馬場となった場合はどうかなと、今のところは微妙です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

後ろから隙を狙う!?差し馬の特性って?

馬の特性を知れば更に競馬が楽しくなりますよ。 今回は、差し馬編のご紹介です。

気持ち良いほどに荒れてくれたCBC賞!久々の重賞制覇・シャイニングレイ!

意外にも雨の影響を感じさせた馬場状態にあったのかもしれません。やはりこの時期のレースは難しいですね。

いよいよ春の大一番! 天皇賞・春!パート2

いよいよ春の天皇賞!伏兵にも注目しておきましょう。

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き39歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。