横浜Fマリノス、ホームで大宮に手痛いドロー

横浜F・マリノス 1-1 大宮アルディージャ

横浜F・マリノス 1-1 大宮アルディージャ

【得点者】
0-1 18分 横谷繁(大宮)
1-1 57分 中町公祐(横浜FM)

2週間ぶりのリーグ戦はホームに残留争いの大宮アルディージャを迎えての一戦。上位に食らいつくためにも勝ち点「3」が欲しい試合でしたが、序盤にウーゴ・ヴィエイラが負傷退場するアクシデント。そしてその直後に失点を許す嫌な流れ。後半、同点には追いつくもののホームで手痛いドローとなりました。順位は変わらず4位。3位の柏が敗れたことで、その差は「1」ですが、首位・鹿島、2位の川崎Fとの差は開くばかりですね、、、ACL出場権の3位以内には絶対に入りたいところ。食らいつきましょう!!

次節は遂に、首位を走る鹿島アントラーズをホームに迎えての対戦です!!

序盤にウーゴが負傷交代、そしてアクシデント直後に失点

マリノスのスタメンはGKに飯倉大樹。DFはセンターバックに中澤佑二とパク・ジョンス、左に山中亮輔、右に遠藤渓太。ダブルボランチに喜田拓也と中町公祐。MFは中央に天野純、右に初スタメンのイッペイ・シノヅカ、左には前田直輝が入り、ウーゴ・ヴィエイラが1トップという布陣。

試合は序盤からマリノスが大宮陣内で試合を進めますが、16分、ウーゴ・ヴィエイラが膝を痛めて、負傷交代するというアクシデント。すると、直後の18分、大宮のクロスから失点。大宮に先制を許してしまいました。

後半、中町のゴールで同点に追いつくも、、、

その後も、マリノスが優位に試合を支配するも、前半は無得点。しかし、後半開始早々からチャンスを作ると、57分、ペナルティエリア手前左でボールを持った中町が右足を振り抜き、放たれた低い弾道のシュートがゴールに突き刺さり、同点に追いつきました!!

逆転したいマリノスは、左サイドにマルティノスを投入し、さらに積極的に仕掛けます。83分にはダビド・バブンスキーを投入し、最後まで勝ち越しゴールを狙いましたが、試合は1-1のまま終了。手痛いドロー決着となりました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

天皇杯制覇へ!マリノス、3発快勝!天皇杯2回戦 vs FC大阪

ついに今年も天皇杯への挑戦が始まりました。横浜F・マリノスの初戦はFC大阪に3-1の快勝で白星発進!!

「鉄人」伊東輝悦 J3沼津で現役続行へ

アトランタオリンピック、マイアミの奇跡。20代サッカーファンなら1度は聞いたことがあると思います。ブラジル代…

Jリーグ開幕直前!!私なりの見所 その6

まずは開幕戦。テレビの前からですが、見たいのはエスパルスの勝利のみです。

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。