夏の準決勝の再戦!花咲徳栄VS山村学園

花咲徳栄は今年の夏の甲子園優勝のレギュラーメンバーが4番の野村だけが残った新チームだったが、危なげなく準決勝までコマを進めた。
一方、山村学園は夏もベスト4入りし、ここ近年力をつけている実力校。今年の夏の準決勝では花咲徳栄と対戦し、コールド負け。今回の秋の準決勝はリベンジマッチとして挑んだ。
先に先制したのは山村学園だった。
初回と3回にタイムリーヒットを放ち2-0。
投げては夏の大会でも好投が光っていた先発の1年生左腕・和田が、序盤は緩い球を巧みに使い花咲徳栄打線を翻弄。3回表まで山村学園ペースに試合が進み、これはもしかしたら・・・と思わせる雰囲気が球場内に広がった。
しかし、打者1巡してから花咲徳栄打線の本領が発揮された。
3回裏、花咲徳栄は和田の緩い球タイミングが合い、連打で同点に追いつくと、続く4番の野村がスリーランを放ち逆転に成功し、山村学園・和田を攻略。
その後もコンスタントに点を重ねた花咲徳栄。
終わってみれば、9-2の7回コールドで試合を決め、3年連続関東大会出場の切符を手にした。
花咲徳栄は序盤の不安を払拭。変則タイプの投手にも見事適応。新チームになっても、さすが夏の甲子園優勝校の風格漂う勝ちっぷりでだった。
夏春連覇に向けて、順調に仕上がっている。

勝ったほうが21世紀枠候補校選出!?市立川越VS上尾

第2試合は公立校同士の対決。
市立川越は何と言っても準々決勝で、優勝候補の浦和学院を1-0で下し勢いに乗るチーム。
上尾は昨年の秋、今年の夏と初戦敗退から這い上がり、勝ち上がったチーム。
共に近年上位進出も果たしている伝統ある実力公立校同士。
21世紀枠の候補に挙がってもおかしくないチーム同士、勝てば関東大会出場だけでなく21世紀枠候補校に選出されるとも予想される注目の試合だ。
まずチャンスを掴んだのは上尾だった。
初回一死二塁の場面でレフト前へヒットを放つと、二塁ランナーは暴走気味に本塁へ突入するがアウト。
しかしその後も満塁にし再びチャンスを作るも凡退に倒れ無得点に終わる。
初回の攻撃を見ると、試合は上尾ペースで進むかと思われたが、その後も再三とチャンスを作るも市立川越の先発・太賀の粘りの投球に屈し、得点に結びつかず。
市立川越も上尾の先発・木村のコースをついた投球に苦戦。7回までわずか1安打と翻弄され互いに無得点のまま投手戦となった。
しかしそんな試合の均衡の破ったのが市立川越だった。8回に初めて得点圏にランナーを進めて一死三塁。バッターは粘りの投球が光った8番太賀。
木村のスライダーを上手くレフト前へ運び先制タイムリーを放った。
結局、これが決勝点となり、市立川越が4年ぶりに関東大会出場を果たした。

再三のチャンスを生かせなかった上尾と、数少ないチャンスをものにした市立川越。
両者の対照的な試合運びが勝負の明暗を大きく分けた。
市立川越は、他の関東の県のチームで21世紀に選ばれそうなチームは見当たらない分、関東大会に出場を果たした地点でも21世紀枠の関東代表の候補校に選ばれる可能性が高くなった。
センバツでの21世紀枠選出は勝っても負けても初戦の戦いぶりが重要になってきそうだ。
勿論ベスト4入りを目指して勝ち進んで欲しいところでもある。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

未来のスター選手や往年の名選手に会える!プロ野球独立リーグを観に行こう

知ってるようで知らない独立リーグの魅力と実情をご紹介します。

兄弟揃ってプロ野球選手

意外と知らない兄弟揃ってのプロ野球選手を紹介していきます。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

yuta

ジャンルは様々!

生活に耳よりな役立つ情報をお届けします。

野球好きなので、スポーツは野球情報が充実する予定、、、