ちょっと先になりますが日本では11月16日にボジョレーヌーヴォーが解禁になりますね。
そして、このワインにはいろいろと効果があるみたいです。

ワインとは

ワインとはブドウを原料としているお酒で、『ぶどう酒』と呼ばれることもあります。
ワインは生産地が世界中にあり原料や製造方法も様々で種類がとても豊富です。
赤ワインは黒色系ブドウ。白ワインは白色系ブドウを潰して作られているのです。
そんな赤ワイン、白ワインには適度に飲んだ場合、健康にも良いと言われていますが、実はワインにはとっても嬉しい美容効果があるんです。

赤ワインの美容効果

赤ワインの中に多く含まれているポリフェノール。
赤ワインに多く含まれるポリフェノールは抗酸化作用があり年齢と共に気になり始めるシミ、くすみなどの原因となる活性酸素を除去してくれる働きがあるためアンチエイジング効果があると言われています。またビタミンも豊富なので美白効果も期待できます。
そしてなんと赤ワインの美容効果は飲むだけではなく…お風呂に入れることで角質ケア効果も期待できるのです。赤ワインの美容効果は結構知っている方も多いと思いますが、実は白ワインには別の美容効果が効果があるんです。

白ワインの美容効果

・便秘解消
あまり知られていませんが、白ワインには整腸作用があります。
これは白ワインの中に含まれる「有機酸」の効果によるもので
腸内を善玉菌にやさしい弱酸性に保ち、悪玉菌を殺す環境に整えてくれるそうです。
同じような効果は、有機酸を持つお酢やリンゴ酢などでも得ることができます。
普段の飲酒をビールからワインに変えるだけで
便秘解消から大腸がんの予防まで、幅広い効果を得る事ができますよ。

・むくみ解消
アルコールを飲んだ翌日には、むくみが気になるかと思います。
ですが白ワインの場合は、むくみの心配があまりありません。
白ワインにはカリウムが豊富に含まれており、利尿作用をはじめとした新陳代謝を高めるので、体内の老廃物や余計な水分を排出してくれる効果があります。
当然、飲み過ぎると効果は薄れてしまうかもしれませんが、
適量にとどめておけば、むくみを感じずにお酒を飲むことができますよ。

赤ワイン、白ワインと違った効果があるんですね。
飲み分けたり、一緒に飲んだりと、楽しみながらこのような効果を実感したいですね。
ただし、飲み過ぎには注意しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

健康志向の方にオススメ!雑穀米の効果と?

ファミレスで白米か雑穀米どっちかを選ぶなら、雑穀米を選んでおきたい!

夏はビールシーズン。枝豆を食べよう

お酒のお供に何気なく食べている枝豆・・・

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

JUN

初フルマラソンにドキドキ中です