カルピスとは

社名にもなっている『カルピス』は、1919年に発売された殺菌乳酸菌飲料です。
乳酸菌飲料と言えば、もう一つの人気商品『ヤクルト』がありますが、こちらは生菌タイプ。
生菌タイプと言えばヤクルト、殺菌タイプと言えばカルピスがありどちらも基本的な乳酸菌の効果に差はないそうです。
ただ、含まれている菌種の特性による違いはあります。
カルピスの使用菌株がすべて公表されていないそうです。
そもそも、カルピスに使われている微生物は乳酸菌だけではなく、乳酸菌と酵母菌の集合体(培養液)だそうです。
このうち、乳酸菌ラクトバチルス・ヘルベティカスは多くの実験データと共にカルピスの主要な乳酸菌として公表されています。
同社では、この集合体を「カルピス菌」と称しています。
そして、殺菌タイプのカルピスは濃縮品(原液)が主流でしたが、1991年に希釈する必要がない『カルピスウォーター』が発売され、大ヒットとなりました。

カルピスの効果

・美肌・美白
カルピス酸乳に含まれる「ラクトバチルス・ヘルベティカスCM4株」という乳酸菌には、肌の水分量や保湿力を高める「フィラグリン」の発現を高める可能性があるそうです。
また、メラニン抑制作用も報告されていて美肌に貢献するかもしれないとの事です。

・安眠
カルピス社の研究によると、カルピスを継続して飲んでいる人は飲んでない人に比べて睡眠中の中途覚醒が少なく、ノンレム睡眠が多いという結果があります。
これはカルピスに含まれる「ラクトバチルス・ヘルベティカスCM4株発酵乳」によるもので、主に高齢者の方に改善傾向が見られたそうです。

・インフルエンザの予防
カルピス社の研究によると、カルピスにはインフルエンザウィルスの低下、NK(ナチュラルキラー)細胞を活性化させる効果がある事が分かっています。
NK細胞とは、人間の体内にウィルスや有害な細菌が入ってきた時に撃退してくれる細胞の事です。
これらの免疫機能の強化は、L-92乳酸菌(ラクトバチルス・アシドフィルスL-92株)によるものだという事が報告されています。
・便秘の予防・改善
乳酸菌により腸内の環境が整えられた結果、便秘の予防や改善にも繋がり健康的な腸環境を作る事ができます。
便秘の方が乳酸菌を摂取するとトイレの回数が増えたり腹痛が軽減されるのはこの為だと考えられています。

子供の頃から飲んでいるカルピス。発売以来90年も経っているんですね。
そのカルピス。今までは健康に意識しないで、美味しいというだけで飲んでいましたが、
いろいろと体に良い効果があるんですね。
皆さんもカルピスで元気に過ごしてみませんか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

夏はビールシーズン。枝豆を食べよう

お酒のお供に何気なく食べている枝豆・・・

今が旬。キャベツの効果が凄い!?

キャベツといえば、年中食べられる野菜ですが、今は春キャベツが旬の季節ですよね。 キャベツは和・洋・中と様々な…

献血は自らを救う!?ダイエット効果も??

献血をすることで、社会貢献だけではなく自らも救えるかもしれませんよ。

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

JUN

初フルマラソンにドキドキ中です