新競技の1つ

2020年の東京オリンピックで新しい競技の1つですね。クライミングというと最近では、スポーツクラブや商業施設で気軽に行えるような教室もありますね。指の力や腕力、全身を使って壁を登る競技ですね。男女問わず体重制限も無いので、誰でも行える競技の1つですね。しかし競技としては人口も少ないのでオリンピックを通して競技人口も増えるといいですね。

競技の概要

スポーツクライミングは3つの種目(リード・ボルダリング・スピード)の複合種目として実施されます。
リードはロープで安全が確保された選手が12メートルを超える高さの壁に設定されたコースを登り、制限時間内での到達高度を競う種目です。ボルダリングは高さ5メートル以下の壁に設定された複数のコースを、制限時間内にいくつ登れたかを競う種目です。各コースとも制限時間内であれば複数回トライできるため、少ない回数で登ることも重要となります。スピードは高さ15メートルの壁に設定された、予めホールドの配置が周知された同一条件のルートを駆け登るタイムを、コンマ数秒まで競い合うスプリント種目です。トップレベルの選手は15メートルの壁を男子は5秒台、女子は7秒台で駆け登ります。IOCに提案されたスポーツクライミングは、通常は単種目として行われるリード・ボルダリング・スピードをすべて行い、これら3種目の合計で順位がつけられるというものです。

ポイント!!

リードは最も長い距離を登る種目であるため「持久力」が勝敗を分ける重要な要素となります。最初から最後まで全力で登り続けられる距離ではないため、最小限の力でコースを攻略し自身の高度を上げていく「技術力」や、コース途中での「回復力」、長い距離の中で自身の動きをいかにコントロールしていくかといった「戦略性」も問われます。ボルダリングは設定されたコースの難易度や強度、不安定度が3種目の中で最も高い種目であり、いかに正しい動きを見出せるかが勝負の鍵になることから、「身体を使ったチェス」とも呼ばれています。そのため、選手はよりダイナミックな動きや、より繊細な動きを身に付け、さらに設定されたコースの攻略方法を見出す「洞察力」が要求されます。スピードは、より速く登れるための「瞬発力」をいかに発揮できるかが重要な要素です。2人のクライマーが隣り合わせで登り勝ち抜き方式で競うため、どれだけ自分の登りに集中できるかという「精神力」も重要になります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

空で速く飛べる鳥達!!

時速300キロの世界!!

オリンピック競技(ホッケー)

シュートは新幹線程のスピード。

オリンピック競技(カヌー)

スプリントとスラローム

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。