二日酔いの原因

二日酔いの原因は、実は正確には解明されていません。
しかし、一般的にはアセトアルデヒドという酵素によるものと言われています。
このアセトアルデヒドは、お酒を飲んだあと体の中でアルコールが分解される際に出来る、
非常に毒素の強いものです。
飲みすぎてしまうと、これが体内で消化しきれず、残ってしまい二日酔いとなると言われています。
なので、このアセトアルデヒドを早く消化することが二日酔い解消につながるようです。

頭痛

多くの人が悩まされる二日酔いの症状に頭痛があります。
この症状が出るのは、アルコールが分解した際に発生する毒物「アセドアルデヒド」が、血液の中に入り体内を循環しているからだそうです。
アセドアルデヒドは血管を拡張する働きがあるので、脳の血管を広げてしまいます。
そうすると周囲の筋肉が圧迫されて、ズキズキとした痛みが襲うのです。
そこで、痛みを抑えるのにコーヒーがよいそうです。
コーヒーに含まれているカフェインには、血管の広がりを抑える働きがあるので、砂糖やミルクを入れたコーヒー200mlを、1日2杯を限度として飲むとよいそうです。
ただ、二日酔いのときは、胃腸の調子も悪くなっているので、ブラックコーヒーはあまりにも刺激が強すぎるので、控えたほうがよいそうですよ。

吐き気

吐き気がヒドい場合は、グレープフルーツジュースを飲むとよいそうです。
自分で搾ってもよいのですが、100%のグレープフルーツジュースでも大丈夫です。
グレープフルーツには、アルコール分解を助ける糖が豊富に含まれているだけでなく、水分も多いので二日酔いにとても効果があると言われています。
更に、ハチミツを混ぜるともっと効果があるそうです。ハチミツは、肝臓の働きを活性化させるので、二日酔いに効果がある食品として注目されているからです。

基本は飲み過ぎないことですよね。ただ、それは分かっていても飲み過ぎてしまうんですよね。特に楽しいお酒は止まらない。そこをなんとかしたいのですが、なってしまったものはしょうがないので、これを参考に対処していこうと思います。
皆さんも、お酒の飲み過ぎに気をつけましょうね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

あなたのうんちはどんなタイプ?うんちでわかる健康状態

うんちが硬かったり、下痢気味だったり・・・ あなたの体、黄色信号かもしれませんよ!

納豆は体にいいんです

納豆の効果をさらに向上させる食べ方などについて説明します。

料理のアクセントだけじゃない!「薬味」で美味しく夏バテ予防!

料理に欠かせない「薬味」ですが、美味しいだけじゃないんですよ。

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

JUN

初フルマラソンにドキドキ中です