ミラクル続きのベイスターズの前に、つば九郎が立ち塞がる?!

ヤクルトのマスコットといえば、つば九郎。
試合前の毒づいた「今日のひとこと」が楽しみではありますが、、、
あれ、今日は横浜のこと、賞賛してくれてますね。

これはこれは、つば九郎さん、ありがとうございます。
確かに広島3連戦を奇跡の3連続サヨナラ勝ちはごいすーでした!

と思ったら、やはり何か企んでいましたね!
ベイスターズの連勝を阻止するだと〜、一体、どんな秘策が?!

ああ、そうか、先行のチームはサヨナラ勝利出来なかった〜
これは一本取られましたね(笑)、、、それではヤクルト戦、スタートです!

8/25 vs ヤクルト 19回戦(神宮)

3夜連続サヨナラ勝利の勢いそのままに、終盤に一挙6得点で4連勝!

3夜連続サヨナラ勝利の勢いそのままに、終盤に一挙6得点で4連勝!

スワローズ 6-8 ベイスターズ

勝:井納翔一(5勝7敗0S)
S:山﨑康晃(4勝2敗20S)
敗:ブキャナン(6勝11敗0S)

本塁打
ヤクルト 荒木貴裕 6号、バレンティン 29号

前カードの広島との対戦を劇的な3試合連続サヨナラ勝利の勢いそのままに、終盤にビッグイニングを作り、4連勝を飾りました!

横浜は3回、2死から桑原将志と柴田竜拓が1・3塁のチャンスを作ると、筒香嘉智のが2点タイムリーツーベースで先制に成功!!その後、チャンスを活かせずにいましたが、7回、1死1・2塁のチャンスから、桑原・柴田・筒香が3連続タイムリー!この回さらに嶺井博希のタイムリーも飛び出し、一気に8-1とリードを拡げました。

6回1失点で井納が1カ月半ぶりの勝利で5勝目!!

6回1失点で井納が1カ月半ぶりの勝利で5勝目!!

横浜先発の井納翔一は6回1失点で久々の勝利をあげました。しかし、この日は勝ったからいいものの、中継ぎ陣がピリッとしませんでしたね。

7回に2番手の田中健二朗が4連続ヒットを浴びて2点、8回には4番手のエスコバーが2ランホームランを浴びるなど、実は徐々に差を詰められていました。

山崎康晃、新人から3年連続20セーブ!!

山崎康晃、新人から3年連続20セーブ!!

そして、9回裏、マウンドに上がったのは守護神・山崎康晃!ここはしっかり無失点で終わらせてもらいたかったですが、バレンティンに一発を浴びてしまいました。

とはいえ、これでヤクルトの反撃をしのいだ山崎康晃は新人から3年連続で20セーブをマーク!これは素晴らしい!たまにちょっと危ういヤスアキ君ですが、これからも期待してますよ~。

8/26 vs ヤクルト 20回戦(神宮)

最後の最後で1点届かず、、、

最後の最後で1点届かず、、、

スワローズ 5-4 ベイスターズ

勝:小川泰弘(7勝6敗0S)
S:ルーキ(4勝5敗4S)
敗:尾仲祐哉(1勝1敗0S)

本塁打
ヤクルト 山崎晃大朗 1号、リベロ 6号
横浜 梶谷隆幸 17号、乙坂智 1号

この日は取られて、取っての繰り返しでしたね。先手を取られながら2度は追いついたものの、最後はあと1点が届きませんでした。

横浜先発は石田健大。初回に先制を許しましたが、その後はピンチを迎えながらも凌ぎました。しかし、5回にツーランを浴び、石田は今回で降板。このところ被弾が多いのがちょっと心配ですね。

そして石田に代わってマウンドに上がったのは、尾仲祐哉。先日は完璧なピッチングでプロ初勝利を挙げましたが、この日は2点を奪われ、この日は負け投手となってしまいました。

9回2死から、乙坂がホームラン!!しかし1点届かず、、、

9回2死から、乙坂がホームラン!!しかし1点届かず、、、

あと一点、あと一点が足りませんでした。1点を先制された直後は梶谷隆幸の本塁打ですぐに追いつき、5回に2点を奪われた際は直後の攻撃で、桑原・柴田・筒香3連打で同点に追いつきました。

そして2点を追う最後の攻撃、9回2死から代打の乙坂智の今シーズン1号で一点差に!!逆転を期待はしましたが、反撃はここまででした。残念無念です。

8/27 vs ヤクルト 21回戦(神宮)

濱口、両リーグ新人トップの8勝目!

濱口、両リーグ新人トップの8勝目!

スワローズ 3-7 ベイスターズ

勝:濵口遥大(8勝5敗0S)
S:
敗:山中浩史(2勝5敗0S)

この日は序盤からベイスターズが効果的に加点し、15安打7得点!濱口は3失点はしたものの、この日は中継ぎ陣が無失点リレーで、このカードの勝ち越しを決めました。

横浜は初回に1死1・3塁のチャンスを作ると、ロペスの打球がエラーを誘い1点を先制!2回には桑原のタイムリーツーベースで2点を追加しました!4回に倉本寿彦のタイムリーでさらに2点を加えると、5回には髙城俊人のタイムリーで6-0とヤクルトを突き放します。

7回裏に3点を返されるものの、直後の8回の攻撃で桑原のタイムリーが飛び出し、7-3。横浜は濱口降板後、砂田毅樹・パットン・山﨑康晃が無失点リレーで勝利を勝ち取りました!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

野球少年が激減している!?その原因とは?

将来の野球界が不安になる事態が今、起こっています!

将来のメジャーリーガー候補?!WBC「最大のサプライズ7人」に3人の侍!

WBCは遂にベスト4が決定!そんな中、アメリカのスポーツサイトが今大会の驚きの7選手を発表しました。

カープびいきvol.11 6月3日 千葉ロッテマリーンズ戦

カープファンによるカープびいきの試合結果報告です。

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。