東京では夏の甲子園予選決勝が神宮球場で行われ、歓喜と涙で溢れていました。プロ注目の清宮選手の早稲田実業戦は、この日、スポーツファンで1番注目を浴びた試合だったと言えるでしょう。
そんな中、北の大地・札幌では、女の闘いが繰り広げられていました。そう、クイーンステークスG3です。ヴィクトリアマイルを制したアドマイヤリードか、はたまたNHKマイルを制したアエロリットか、それとも新たなヒロインが誕生するのか?といった具合で、多くの競馬ファンはこのレースに注目したことと思います。
結果はアエロリットと鞍上・横山典弘騎手の圧勝劇。思い返せば、やはりそういう走りになるよなと思う、まるでシナリオどおりの展開となりました。

再加速で後続突き放し勝利!アエロリット

NHKマイルの覇者の実力は本物だったとしか言いようのない内容で圧巻の1着。もう文句の付けようがないとはこのことを指すと思いました。長距離の魔術士・横山典弘騎手が、1800mでも魅せてくれたといったレースでした。
スタートは完璧で、2番枠から楽々抜け出しハナを主張。そこから一気に単騎独走態勢を取ります。2番手のシャルールも逃げ馬ですが、昨年のクイーンステークスを見てわかるように、逃げは逃げでもハイペースは好まない脚質ということもあり、ここでも楽々一人旅といった道中でした。3コーナーから徐々に差を詰め寄られ4コーナーで吸収されるかと思いきや、そこから2段階目の再加速で後続にスキを見せつけず、終わってみれば2着のトーセンビクトリーに2馬身以上の差で圧勝。完璧なレース内容でした。
やはりNHKマイルの時も感じたことですが、この馬の基礎スピードは半端ないなといったところです。とは言っても、昨年2着のシャルールや1番人気をつけたアドマイヤリードを考えれば、3コーナーあたりから脚を使わせて直線の伸びを削ぐやり方こそが正攻法で、それをしっかりやってのけた鞍上・横山典弘騎手と、その能力を思う存分発揮したアエロリットの完全勝利だった感じです。ここ最近はこれといったマイラーがいない中、ちょっとずつですが牝馬の中ではアエロリットが当確してきたような気がしているのは私だけでしょうか。次走も楽しみです。

全く読めない!トーセンビクトリー

個人的な意見として、今回も全く予測不能状態で出走となってしまいました。
この馬の調子に関しては、パドックを見ても全くわからず、前走などの過去レース内容を見たところでも、正直??といった感じです。確かに3歳クラシックの秋華賞前哨戦の関西TVローズステークスの3着以降、大敗しては勝ち、大敗しては勝ちの連続で、前走の内容が全くとして意味していない、というよりも読みきれないのがトーセンビクトリーかなと。そんなトーセンビクトリー。前走は1番人気をつけたマーメイドステークス。ここでが先行策をとり3番手と好位につけるも、直線では全くのノーチャンスと伸びがなく9着フィニッシュ。その前も阪神牝馬ステークスで6着と旬が過ぎたかな?と思ったところで今回のクイーンステークスでは2着と、またやられたといった感想です。
1番枠からのスタートはまずまずでしたが、この日は抑えて中団の内をロスなく立ち回っていきます。だいたい6番手あたりから前を行くアエロリットを追走するかたちではあったのですが、アエロリット以下はややゆったりとしたペースで3コーナーに突入。そこからジワジワとペース上げていき、道中は最内をロスなく走れていたこともあり、ラストも突き抜けられたといったところ。上がり3ハロンも3着に滑り込んだクインズミラーグロと同じ34.4の最速ラップで2着フィニッシュ。今回に関して振り返ると、全てが噛み合ったのかなと思います。まず最内枠だったことでスタートも楽にうちに切り込むことなくロスがなかった点。ペースは平均で、そこから徐々にスピードを上げて行く点。今後はこの2つの観点を見極めてトーセンビクトリーと付き合わなければならないかなとも思いました。難しい一頭です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

どうなる?今年の有馬記念

キタサンブラックが遂にラストラン。現地にいきたい気持ちを抑えて・・・

今年の菊花賞馬はキセキ!まさに奇跡の末脚で圧巻の勝利!

泥んこ祭り状態の京都競馬場で開催された菊花賞はキセキが最後の王冠を手にしました。

3歳牝馬クラシックの頂点へ!今週末は優駿牝馬 〜アーモンドアイ・オールフォーラブ〜

いよいよ3歳牝馬の女王決定戦!牝馬優駿の季節到来ですね。昨年はソウルスターリングが意地のは走りを見せてくれた…

1家族一回限りの無料サンプル請求

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き40歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。