打ち水とは、、、

暑い日が続きますね~。こんな時はクーラーや扇風機などに頼りがちになりますが、ここ最近『打ち水』が注目されています。古き良き日本の風習「打ち水」が、環境やエコの観点からも見直されているそうで、ここ数年、東京都などの全国の市町村で都市部のヒートアイランド対策として、一斉に打ち水を行うイベントなどが行われていたりします。

「打ち水(うちみず)」とは、道や庭先などに水をまくことですが、場を清める神道的な意味合いもあり、玄関先などへの打ち水は「来客への心遣い」の一つになるそうです。

見ているだけで涼しい気分になる「打ち水」ですが、実際に暑さ対策に効果があり、実証では概ね2℃程度気温が下がるそうです。

打ち水の効果的な時間帯や場所

単純に水を撒いているようで、実は時間帯や場所によって効果は大きく変わってくるそうです。ベストな時間帯は早朝か夕方。日が昇り気温が上がってくるまでの「早朝」と、日が沈んで暗くなる前の「夕方」がいいそうです。

また、太陽が照りつけ熱くなった日向のコンクリートやアスファルトに水を打ち水をしたくなりますが、すぐに水が蒸発してしまいあまり効果が期待できないばかりか、発生した水蒸気でその場の湿度を上げてしまうことで不快に感じることがあるそうです。

打ち水の効果を高めるためには、「日陰」に水を撒くと良いそうです。打ち水は「水が蒸発するときに熱を奪う気化熱を利用したもの」ですが、真夏の日向は暑すぎるため、すぐに蒸発してしまい、効果的でないようです。日陰に水を撒くことで、ゆっくり蒸発することに加え、日向との温度差を作ることで、そよ風を起こす効果も期待できるそうです。

日中を快適に過ごすためには「早朝の日陰」、夜の寝苦しさに対しては「夕方の日陰」に打ち水をするのが良いということですね。

ベランダに打ち水も効果的!

アパートやマンションにお住いの方の場合、窓が広く外の風が一番入ってくるベランダに打ち水をすると良いそうです。
 
ベランダは太陽の光も入ってきて、照り返しも強く夏は暑さを感じやすい場所の一つになりますが、ベランダに打ち水をすることで、部屋に入ってくる空気や風の温度が下がるので涼しく過ごすことが出来るそうです。

ベランダの床は水はけがよくない場合が多いので、撒き過ぎるとなかなか蒸発せず、温度は下がりにくくなってしまいます。水たまりができない程度の少量の水をこまめに撒く方が効果はありです。
 
また、エアコンの室外機のそばに打ち水をすると、取り込まれる空気が冷やされるのでエアコンの効きが良くなる効果も期待できるようです。ただ、室外機本体に水がかかると故障の原因にもなるので、そこは注意が必要です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

地方のエスカレーター事情!暗黙のルールは?

地方出張でまず最初に確認するのはなんですか? 私はエスカレーター暗黙のルール事情です。意味わかります?

1家族一回限りの無料サンプル請求

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。