初心者もできる!スタティックのストレッチ

正しいストレッチの方法について知っていれば、多少運動しても体を傷めるといったことがありません。
体を運動前にほぐす方法として、いくつかの分類があり、それぞれには特徴があります。

例えばスタティックストレッチは、筋肉に対して弾みや反動などをつけずに、筋肉をゆっくりと伸ばしてその状態を維持することが特徴的です。

特にこの体をほぐすための方法は、運動を始めたばかりの初心者や、あるいは身体能力が低下している高齢者にとって、適した柔軟のための方法です。
この方法では、筋肉痛になりにくいというメリットがあり、運動を行う前の体をほぐす方法として実践ができます。

ダイナミックに行う!積極的な筋肉のストレッチ

スタティックのストレッチ方法が静的である一方、筋肉を積極的に動かしてほぐす方法であるのが、ダイナミックストレッチです。

この方法では、筋肉に対して弾みや反動をつけることにより行います。
体の柔軟性を高めることに効果があり、また血流が良くなることで運動前の筋肉の温度を高められるメリットが大きいです。

このことから、競技を控えてのスポーツマンが、運動前に体をほぐすための方法としてよく使われています。

運動前の準備で体を傷めないためには、正しい手段で体をほぐす必要があり、多少の知識と経験を必要とします。
行う競技や運動のスタイルに合わせて、それぞれにあった作法を身につけておくと、いざという時に役立ちます。

効率的に体をほぐしつつ、運動のためのパフォーマンスを最大限に発揮することができます。

筋力アップにも期待!?パリスティックストレッチで準備

体をほぐす方法にも各種ある中で、ダイナミックタイプに近いのが、バリスティックストレッチの手段です。
この方法では、動きの反動を利用して、筋肉や関節を動かすといった特徴があります。

始めは小さな動きからスタートし、徐々にその動きを大きくしていくというスタイルを採用しています。

バリスティックストレッチでは、運動前の筋肉や関節の柔軟性が良くなるだけに留まりません。
筋肉の弾力性や動きの早さの向上にも、良い効果がもたらされる効果を持っています。

そのため運動前だけでなく、筋力アップのトレーニングの方法として取り入れている人も多いです。
多くのスポーツ選手も採用し、体の調子を整えて競技に臨む準備として用いています。

必要に応じてストレッチの方法を使い分ければ、最も高いパフォーマンスを発揮することができます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

運動を継続させる方法。まずは30分程度を目安に!

運動に限った話ではありませんが、継続するには長時間ダラダラと行うよりも短時間、集中して取り組むことがとても…

自転車通勤始めてみませんか?

ストレスフリーの通勤生活!

運動することの魅力

運動することでどんな魅力があるかご紹介します。

1家族一回限りの無料サンプル請求

スポラボ編集部

スポラボ編集部です。スポーツのお役立ち情報やスポーツに関する情報を提供していきます。